黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

STEP1の練習

OPDESの秋が瀬大会まで1週間を切った。
今日はりんがこの大会で初めて挑戦するオビディエンスのビギナー競技「STEP1」を、本番に近い形で練習してみた。

同じコースを何度も練習すると、本番に緊張感がなくなるので、練習は今日を含めてあと1,2回。

まずは規定書をコピーして、サッカー用のコーンをグラウンドに並べてみる。
コースの全長45~50歩というのはチームテストと一緒で意外と長い。

さて、りんを連れ出してスタート位置に。
ところが公園のはじっこを歩いている犬が気になって「ツケ」と言ってもぼけら~としている。
一度解放してもう一度スタート位置に。

停座→伏臥→ターン、までは「う~ん」という所が多いんだけど、まあ目をつぶって、
問題はターンの後の「速歩」。
脚側の「常歩」でも遅れるりんが「速歩」になると、リードで引っ張って歩いている感じになってしまう。
おやつでぐっと前に引きつけても「りんはそんなに速く歩けないだり~ん♪」と文句を言う。。。

最後のスラロームも右回りの時に結構脚側から離れてしまう。
意外と難しい。。。

ついでにふうとやってみたら、ふうはちゃんとやっていた。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-25 00:54 | 服従訓練