黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

犬を気にせず歩く

e0068836_20273013.jpgマテが出来なくなったのを先生に見てもらう。
こんな基本的なことが、2匹一緒に全くできなくなるなんて、双子は恐ろしい。とは言われないが(笑)、私の動きを一緒にみてもらって、いくつかアドバイスをもらう。

次に「立って」。
相変わらずふうちゃんの「立って」はアホなオットセイ。
これも、自分なりに矯正したやり方を見てもらう。
でも、まだ先行きは暗い。
「立止」が出来ないと、JKCの競技会には出られない。

ふうの脚側行進はぐっといい感じ。
ひもをはずしてやっても、離れてしまう不安がほとんどなくなってきた。
あとは指導手が犬を気にしすぎているから、もっと、気にしないで歩くようにと。
犬が人間を気にして歩くんだから、人間は犬を気にする必要はないらしい。
確かにふうの場合、あんまり見てやらなくても、勝手にまとわりついてくるようになっている。

でも、りんちゃんはダメ。
いっぱいいっぱい励ましてやんないと、一緒に歩いてくれない。
でも、りんちゃんはかわいいから許しちゃう♪
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-12-08 19:14 | 服従訓練