黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

立たされ娘

e0068836_11523488.jpg りんは5月中旬のOPDES千葉の大会以降、どうもやる気がなくなっている。練習も全然まじめにやらなくなった。たぶん、ふうの調子が上がってきているのもあるだろうし、色々と飽きてきたんだろう・・。

 練習では草ばっかり食べて、あっちへフラフラ、こっちでクンクン。呼んでもしら~んぷり。全然やる気がないので、「まじめにやらない子は廊下に立っていなさい」と不良娘のりんちゃん、ふうと引き離され、はなれの杭に係留されて、見学組。まったく練習させてもらえないだり~
ん。

 「そこで満足するまで草を食べていなさーい」とD先生に怒られたりんちゃん。ふうが張り切ってガンガン練習しているそばで、まったく気にする様子もなく、ツラ~っと草を食い続け、挙げ句の果てにおしっこまでしてリラックス。

 練習も終わりに近づいたころ、ようやく草食いにも飽きたのか、ふうの練習を見始めた。チラっと見ると、目が据わってふうをにらみつけている。りんちゃんはコワイのだ。あまりにも目がつりあがっていたので、1本だけ練習。でもいまいち不真面目なので、また立たされていた。

 一方のふうちゃんは絶好調。シーソーの練習をお休みしはじめてからぐんぐん調子がよくなっている。スラロームも少しスピードがアップしたし、難しいコースの反応もいい。でもかなり複雑・・。

 そして帰宅後、「てめー、調子に乗るな」といわれんばかりに、ふうはりんにメタメタにされていた。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-06-06 00:23 | アジリティー