黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

本番だけ走る犬

 OPDES選考会の初日、あれだけ心配していたりんちゃんは、何事もなかったかのようにふつーに、それもなかなか良いテンションで走っていた。

 そうなると、あせるのはこっち。「わーりんちゃん走ってるわーー」という、りんが真面目に走っている事実に驚きながらハンドリングするもんで、どーもこーもリズムが合わない。しかも、りんとは久しく練習してないもんだから、ついついふう仕様のハンドリングをしてしまって、りんちゃんのラインを乱しては失格にさせてしまった。

 ほとんどの走りがどーみても私のハンドリングミスなんだけど、だけどこれだけはどうしようもなく。。。

 そばでオドロキつつも見ていたD先生に、「りんちゃん、もうどーしていいかわかりませーん」と言うと、「もうどうしよーもないですよね~。普段ハンドリングだけふうで練習して、本番りんちゃんと頑張って走ってください♪」と、とうとうりんちゃん見捨てられ(笑)発言まで飛び出し。。。。
e0068836_22522576.jpg
 りんりんの不思議はそれだけでなく、2日目のAGでタイヤで首を吊ったにもかかわらず、その後何事もなかったのように走り続けたという、普段の練習ではありえない事態まで発生。本番という状況がいったいりんちゃんの何を刺激してこうまでさせるのか、不思議物体のなぞは深まるばかりで・・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-05-20 01:29 | アジリティー