黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

形になりつつ

e0068836_10552314.jpg 結局雨続きで、8月29日が2年半お世話になった訓練士の先生に定期的に見てもらう最後の日となった。

 一通り服従を見てもらった後に最後は前進。 少し前からターゲットにご褒美はおかず、ターゲットはあくまでターゲットとして認識するようにさせている。

 それでもりんはターゲットが射程圏内に入ると、走りにターボがかって、絶対に止められないので、「ターボがかかる前に止めてください」と言われる。

 「前へー!」のコマンドで今日も勢いよく走るりんちゃん。いつも思うんだけど、りんにとってはアジリティーや服従練習の中では「前進」は別格らしく、完全にゲーム感覚で楽しんでいる。

 先生の読みはだいたい当たるので、ターボがかかる前に止めると、止まる!。けど2本目からはひたすらに駆け引きが始まる。これが自分一人では全くできないので、前進の練習はやっぱり先生が見てくれるときだけにしている。自主練はやらないというか、できない(涙)。そんな感じでりんはぐでんぐでんのまま、終了した(笑)。

 ふうはこの日、最初からリードをはずし、OB4度の科目通りにやることになった。服従、物品持来、そして前進。ターゲットは置いているが、果たして・・・・。脚側行進で5メートルほど進んだ後、訓練士さんの合図で前進の命令。ふうがいいテンションで走り始める。ターゲット5メートルくらい手前に来たときに「止めて」と言われ、「ダウン!」のコマンド。ふうちゃん、くるっと振り返って、ちょっとのろいけど見事に伏せた!!。やった~~~。ばんざ~い。訓練士さんからも「お見事!」のお言葉。気持ちええーー。とこの日の練習はこれで終わり。

 とは言っても、成功するのは最初の1本で、これを2回3回と続けて練習すると、やっぱり全然うまくいかなくなる。道のりは長いけど、また機会があったら教えてもらおうっと。先生、今までどうもありがとうございました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-08-29 06:28 | 前進