黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

タッチ練習・スピードを落とさずに

 練習では、「タッチ」のコマンドで随分きっちり止まれるようになってきた。しかし、本番になると、跳ばれる恐怖から必死で防ぐために、特にAフレなんかでは、頂上の部分で一端ふうの動きを完全に止めている。DWでもかなり速いうちから減速させて大幅なタイムロスにつながっているのが現状だ。

e0068836_10543526.jpg 新しいレッスンでは、減速させないで、タッチできっちりと止めていくトレーニング方法を教えてもらう。犬をリズムよく下ろしてくること。

 止まる立ち位置を決めて、いまの状態ではとにかく前に回りこんで絶対に止めるようアドバイスをもらう。「ふうのレベルではハンドラーが後ろにいても止まるトレーニングはしてないんだから無理よー」と。これは今後段階的にトレーニングしていくものだと教えてもらう。なるほど~。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-10-02 20:53 | アジリティー