黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

服従訓練・新たにスタート

 北海道へ来て、新しい訓練士さんと出会い、再び服従訓練を始めた。前回のJKC訓練競技会の会場で何人か訓練士さんを教えていただいたが、その中で決定戦に出場し、見事理事長をとられた訓練士のO先生。その素晴らしくかっこいい服従に惚れちゃって、O先生にお願いすることにした。本当にかっこよかった。

 風鈴は犬種がらなのか、服従となるとテンションも下がり、基本的には触られるのも嫌い、誉められてもさほど喜ばない。そんな性質で、しかもちょっと変にいじくると、もろくも壊れてしまうコたちなので、どれだけ理解して教えてもらえるのか、正直不安が多かったけど、初回のレッスンから、そんな風鈴たちをしもべにしてしまった超美人な先生♪。

 アジリティーもそうだけど、服従も最近は行き詰っている感があった。風鈴と私の限界かとも感じでいたけど、いい機会なので、今までの服従を基盤にして、もう一度最初から犬づくりをするつもりでのぞんでみようと思う。

e0068836_10531658.jpg 先生もおそらくそのつもりだと思われ、レッスンでは競技会の科目をやったりとか、持来の練習をしたりとか、コの字型に歩いたり、とかそういうのは一切なく、触り続けても嫌がらないようにするなど、風鈴とのコミュニケーションをとる基本的なことに重点を置いている。逆にいうと、風鈴との基本的な服従関係がいまいちできなかったのかもとも思う(りんに関してはどーみてもまったくできてないけど、笑)。いや、別にそんなにできてなくても楽しく生活できてればいいんだけど、せっかくやってるので、せめてもうちょっと競技会でポイントもらえるくらいの成績は出してみたいな~と思ったわけで。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-10-05 22:03 | 服従訓練