黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フセ→スワレ

e0068836_13381139.jpg前回に続き、「スワレ」のコマンドで座り続ける練習です。おやつをあげながら、「座っていればいいことあんねんで~」と教えていきます。風鈴、深夜のコソ練の成果もあって、だいぶ座り続けるようになりました。それでも、時々おしりがフワ~っと上がってしまいます。

この日新たに習ったのが「フセ」から「スワレ」の練習です。この逆は家の中でも時々やっていたので馴染みがありますが、フセから座らせるのは、初体験です。おやつで誘導しながらスワレの体制へ引き上げています。

ところで、
まだ訓練を始めたばかりなのに、先ばかりを焦る飼い主は、この先いったいどうなるのだろうと思って先生に色々質問してみました。

Q,訓練競技会にはいつ頃から出場できるようになりますか?
A,今のペースで練習を続けても最低6か月は必要です。

Q,チームテストに合格できるにはどれくらい必要ですか?
A,やっぱり最低6か月くらいは必要ですね。

Q,アジリティーの練習も早くしたいのですが。
A,時期尚早です。犬をコントロール下に置いて行う競技ですから。


練習ビデオ
モデルはりんちゃん。めちゃくちゃな脚側行進だけど、指示無し停座(ゆがみまくり)もなにげにできてるし、今よりも意欲があっていいかも(^^;)。しかし、指導手もめちゃくちゃやなぁ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-05 17:28 | 服従訓練