黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

脚側行進の約束

訓練に入ったら、犬が迷わないように、出足などを決めることになりました。
a)脚側行進は必ず右足からスタートする
b)右に回る時は足をTの字にしながら小さく回転する
c)左にまわる時は、右足から回り込むようにして曲がる
などなど。

e0068836_133120100.jpgたいしたことではないんだけど、いざやってみると、「あれ?あれ?」みたいになっちゃって、まるで右と左の区別がつかない幼児状態(^^;)。

「ツケ」ももっともっと喜んでツケるようになるために、とびきりのおやつを使って「ツケ」の正確な位置を教え込んでいきます。右へ一歩ずれたり、1回転したり。ふうはいい感じで「ツケ」るようになってきました。りんの場合はどうしても1歩前に出てしまいます。

「スワレ」もだいぶできるようになったので、今度は座らせたまま、いろいろな誘惑を入れていきます。例えば、座っているりんちゃんの前で、飼い主も一緒に座ってみたり、グルグル回りをまわったり、「上手~♪」と言って誉めてみたり。風鈴は全然待てない子たちなので、アクションが激しいと、フワ~とお尻が浮いてきちゃいます。

写真=キョロキョロしながら脚側行進(になってない)の練習をするりん
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-10 17:40 | 服従訓練