黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2か月の成果

今日は、訓練を始めてからまもなく2か月になるので、今までの成果を披露する日です。科目は、脚側行進、最後はぐるっとまわってツケで終了です。、停座から招呼→ツケ。伏臥から招呼→ツケ。です。

まずはりん選手です。
・脚側
まあまあですが、飼い主の歩く速度が遅いと、緊張が解けて普段の散歩みたいになってしまいました。最後のツケも1回で出来ませんでした。
・招呼
まっすぐに座れないので、何度もやり直しました。でも先生、「りんにしては上出来。よくここまで出来るようになりました~」と拍手してくれました。りんやん、よかったね~。

次は期待のふう選手です。
・脚側
予想通り、とっても上手に歩けました(注:ふうにしてはですので・・)。ツケもコマンドでピョコンと嬉しそうにつきます。
・招呼
呼ぶと「ハ~イ!!!」と返事をするように飛び跳ねてきます。かわいい。
でもいつもの癖で少し左にそれて座ってしまうので、何度かやり直して正しい位置に誘導しました。
ふうも、とってもよくできているので、誉めてもらいました。ふうくん、よかちんね~♪e0068836_14235970.jpg

*注意*
ふうりんにしては出来ているというだけです。この時点では、飼い主を注視して歩くというようなことはまったくありません。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-20 13:02 | 服従訓練