黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

左反転ターン

いつも通り、公園まで歩いた後、先生がふうをとっても誉めてくれました。

「ふうはお散歩に関してはもう言うことありませんね。ちゃんと横について歩く、人間が止まればふうも座る、呼べば見上げる、誉めてなでればエヘヘと喜びます。このままずっとお散歩していたい気分ですよ」

飼い主 「ホントですか?????」
先生  「はい、本当です」
飼い主 「・・・・・・・・・・・・おかしい、おかしい、何かがおかしい・・←心のつぶやき)」

さて訓練開始です。まずはりんから。

少しボール遊びでテンションを上げて、脚側行進を開始。注意散漫であっちを向いたりこっちを向きながら歩いていますが、少しずつ集中力が上がってきます。
紐無し脚側行進のために、リードを外しますが、こういう注意散漫な時は、リードを外したことがわからないように、外します。

次はふう君です。
最初からおやつで充分テンションが上がります。脚側もなかなか完璧なので、リードを外します。ところがノーリードでの脚側中、一瞬ふうの注意がそれたことで飼い主の不安が増大し、
行進ルートが大きくゆがんでしまったらしい。

e0068836_15513284.jpgそういわれてみれば、なんだか大きく歪曲して歩いてきたみたいだ。。。もっと自信を持って歩いてくださいとのこと。

さて、今日は「左反転ターン」というのを習いました。
脚側行進中に180度向きを変える時に使います。
方法は、指導手と犬が逆の方向に回るタイプと、同じ方向に回るタイプがあるらしく、どちらにしようか迷ったんだけど、かっこいいのは前者なので、そちらにすることにしました。

教え方も色々あるらしいのですが、わが家は単にクルっと回ってその後、おやつで引きつけることにしました。意外と2匹ともすんなり回りますが、まだよく分かってないみたいです。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-11 13:12 | 服従訓練