黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

りんの脱走矯正

先日の日記でも紹介しましたが、ここの所、りんの脱走は目が余るものがあります。このままにしておくと、訓練にもならないどころか、車道に飛び出る危険性もあります。アジの練習をはじめても、この状態ではちょっと話しになりません。

なので、とうとうりんの脱走矯正が入りました。まずはりんにロングリードを付けます。このリードは市販のものではなく、軽い荷物紐を15㍍くらいに切って自分で作ったものです。

まあ、脱走矯正といっても、早くいえば「呼び」の練習です。「りん、こい!」で来ない場合、りんが吹っ飛ぶようなショックが入るという仕組みです。

この日、偶然にもパパさんが訓練を見に来ていました。何度も入れられるショックに不安を隠せないりんは、パパさんに助けを求め、何度も何度もすがりに行きます。

でも、呼ばれて来ないとまたすごいショックが入ります。4度目のショックの時、あまりにもの恐怖で失禁してしまいました。それでも訓練は続きます。パパさんは自分の所に来たらショックを入れられるりんがかわいそうで、やってられないようです。

それでも、呼ぶ→ショック→来たら誉める を繰り返します。何度か繰り返しているうちに、呼ぶと来るようになりました。そこで今日の訓練は終了です。

e0068836_1102637.jpgりんのつらそうで不安いっぱいの顔を見ていると、「やめて!」って言いたくなりました。でも、これはりんのためです。脱走ばかりしていると、りんの命にだってかかわります。って、自分に何度もいい聞かせました。りんにこんなつらい思いまでさせて、自分は何をしようとしているんだろう・・・って思いました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-07-19 18:32 | 服従訓練