黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

速歩で遅れ、緩歩で集中が上がる

りんの「心の病」がようやく完治したようだ。その証拠に、「呼び」で嬉しそうに走ってくるようになった。こんなりんを見るのは本当に久しぶり。しかし、長かった。

さて、チームテストの脚側行進。普通のペースで歩く「常歩」のほかに「速歩」「緩歩」がある。「常歩」から「緩歩」にすると、犬は「え!止まるの?」とびっくりして、ぐっと集中があがる。

e0068836_081943.jpgところが、元々テンションの低い子たちなので、「速歩」になるとどうしても遅れ気味になってしまい、一緒に歩度をあわせることができない。

速歩中はリードで引っ張って歩いているようにも見えるので、あんまり印象も芳しくない。どうしたらいいのか、悩みどころ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-09-07 20:32 | 服従訓練