黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:アジリティー( 48 )

草アジセミナー・5回目

先週末の競技会から早1週間。ビギナーでうれしい準優勝を飾ったりんちゃんは、練習1走目から爆走モード。ますますスピードが上がり、目の前に並ぶ障害を勝手に跳んで行ってしまうようになった。さらに、ハンドリングがりんの早さに追いつかず、コースミスをさせてばっかり。

さて、ふう君。昨日のオビ練できつ~いお灸を据えられたので、脱走しないかな~と思っていたら、予想を裏切って1走目からまたバッタ追いが始まってしまった。2走目も同じく大脱走。それで、一度きつく叱った方がいいのでは、というアドバイスをもらって、ハッとさせるために、地面をたたくための棒を借りたんだけど、ふうの脱走スピードが速くて棒で地面をたたいてもふうがいない。。。

e0068836_0172770.jpg仕方がないので、疲れて戻ってきたふうをつるし上げて叱ってみたら、効き過ぎたようでベンチ下に引きこもってしまった。

その後、ふうの順番が回ってきても、今までの元気はどこへやら。ハードル跳ぶのも躊躇するし、トンネルに入ったら出てこないし。扱いにくい・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-09-18 23:10 | アジリティー
気が付いたら、りんと初めてのアジリティーの競技会に出ることになっていた。

草アジ主催の「初アジ」。初級者チームでも参加できる種目があるアジリティーの大会だ。出場は前日に決めたので、もちろん申し込みは当日会場で行った。りんが申し込んだのは、一番下のクラスの「BOP(ビギナーオープン)」と「BAG(ビギナーアジリティー?)」の2種目。普段の練習の様子からすると、なんか行けそうな感じもしていたけど、本番のコースを実際に見ると、障害間の巾が練習よりもずっと広いし、曲がりにくそうな部分もあって、急に不安になってきた。

柴アジの先輩たちに、コースのアドバイスをもらい、初めてのコース検分を終えるとりんちゃんといざ出陣です。

ずっとドキドキはしていたけど、スタート位置に立つと緊張がピークにたっして涙が出そうになった。が、ぐっとこらえて、りんのリードを外すと、りんはスタートしたくてうずうず状態。
e0068836_064531.jpg

そして、首輪を放して「ゴー」のコマンドでスタート。りんちゃんめちゃくちゃ速く走り出したのでついて行けない。で、最初のカーブで飼い主がズコッ!っとこけると、りんがコースを逸れてドバーっと違う方向へ走って行ってしまった。ところが「り~ん!」と呼ぶと、すぐに戻ってきてくれ、あとは順調にトンネルとハードルをクリアでして無事、ゴール。クリーンランだった。

その結果、なんと準優勝という嬉しい結果が出ていた。ミディアムクラスの出走数が少なく、ラージクラスと一緒の表彰なので、余計に嬉しかった。

続いて出場したBAG。これまたいいスタートを切ったのに、4本目のハードルを跳び終わったら、そのままドバーっと見知らぬ人のタープへ遊びに行ってしまった。そこのワンちゃんにギャンギャン怒られて戻ってきたりんと一緒に、最後までコースを走さらせてもらったけど、この種目は場外へ出た時点で失格。

e0068836_016377.jpg今回、初めて競技会へ出て感じたことを2つ。
1,本番になると、犬は脱走する。
2,ハンドラーもズッコケる。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-09-11 17:53 | アジリティー
今日は初めて草アジセミナーの午前中の部に参加。予想どおり、練習が始まるとどんどん気温が上昇。でもりんは元気いっぱいで、調子もいい。楽しんでやっているのがよく分かるので、こっちも嬉しくなる。それでとてもいい感じなので、明日の競技会に出場してみたら、と誘っていただいた。まったく予定していなかったので、ちょっと戸惑ったけど、思い切って出場してみることにした。

そして、脱走魔ふう君。最初の3本くらいは真面目にコースを走っているので、「へ~、いい感じやん」と思っていたら、そのうちフィールドのバッタを追い回し始めて、捕獲&制御不能犬になってしまった。

e0068836_055120.jpgで、「そんなにバッタが好きなら、バッタを捕まえてモチベーションにすれば」という話しになって、ふうのためにみんながバッタ取りを始めてくれた。やっと捕まえてもらったバッタ君。糸にくくられ、ふうの前にぶら~んと下がったんだけど、パクっと食べようとするだけで、あんまり興味ないみたい・・・。
 
結局バッタは使うことなく、「ふう君は休んでいましょう」ということになった。フィールド中楽しそうに走り回るんだけど、なんとかならないのかしら・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-09-10 20:37 | アジリティー

草アジセミナー・3回目

最初は簡単な外周コースで足ならしです。今日からりんのリードを15㌢ほどの短いものにして挑戦することにしました。すると、りんちゃん、走りやすくなったのか、最初から外周コースを元気にクリーンラン。3回目の練習にして飼い主もびっくりの上達ぶりです。

しかし、練習時間が2時間を過ぎると、さすがに飽きてしまいます。りんのスピードも意欲も落ち、障害間でフラフラするようになりました。

そこで、スペシャルおやつの登場です。モチベーションをもう一度上げ、再び練習開始。おやつを取っ替えひっかえしながら、最後は20個近い障害を連続してクリアできるようになりました。

e0068836_045753.jpgさて、ふうくん。どうしてもハードルを3つほど跳ぶとフラフラ~とどこかへ行ってしまいます。後半、ふうが逃げるのは飼い主の立ち位置が悪いとアドバイスをもらい、ぐっと引いてみると、ふうの脱走がなくなりました。不思議でした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-09-03 20:02 | アジリティー

草アジセミナー・2回目

風鈴の今日の目標は、とにかく自由に楽しく走ること。障害をクリアしたことを評価し、誉めていく。風鈴は、特にコースも決まっていなくて、好きな所を走っていいのだ。

さて、りんちゃんから。初っぱなに一度脱走したけど、以降オフリード(リードを放した状態)で走っても、脱走することなく、走るたびにいい感じになっていく。みんなにも「上手だね」って言われてなんだかうれいしりんチーム。

でもでも、ふうちゃん終わってるのよね・・・・・。やっぱり一人アジ状態になっちゃって、呼びも効かないし・・・。おもちゃを使ってもダメだし・・・・。なんかドッグランに来て、一人楽しく走ってるって感じ。

最後はハードル、トンネル、Aフレーム、ドッグウオークなど12障害を組みあせたコースだったけど、りんちゃん、ちゃんと出来るようになった。

練習終了後は、自由練習。初めてのタイヤにトライ。ふうにはアジの先輩、バービーさんが教えてくれて、すぐにクリアできるように。りんも怖がることなく、跳んでいた。e0068836_26351.jpg

できなかったことが、出来るようになると、とってもうれしいね。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-28 19:54 | アジリティー

草アジセミナーに再挑戦

来月のOPDESの大会では、ぜひアジリティーにも挑戦したいので、再び草アジの門をたたくことにした。

3か月前よりかは、体も心も少しは成長したかなぁと思う。でも、不安はいっぱいだ。だって、この前は最初の20分で2匹とも嫌になってしまったし、コースを走らせるとコントロール不能。でも、思い切らないと何も始まらない。もし、風鈴がまた極度に練習を嫌がったら、アジを諦めることも考えて参加した。

セミナーには柴の先輩たちが通っているので、とっても心強い。参加すると結構たくさんのワンコが集まっていた。

風鈴たち初心者チームは、別にトンネルとハードルの簡単なコースを造ってもらって、そこで練習。りんは、いつもと違う雰囲気なのが幸いしたのか、とっても楽しそうに障害を越えている。途中、ハードルを跳ばしたりするけれど、脱走することもなく、言うことをちゃんと聞いて、やるたびにいい感じになっていく。

ところが、ちゃんとやると思っていたふうちゃん。ハードルをいくつか跳ぶと、プツっと集中が切れて、あっちにふら~、こっちにふら~っと脱走ばかり。練習を繰り返しても、ふら~、ふら~して、勝手にトンネルをくぐったりして遊んでいる。ただ、楽しそうにしているので、それには救われた。

後半は上手なチームと合流して、Aフレームやドッグウオークなどが入ったにコースを順番に走る練習。ふうもりんもリードを付けた状態で挑戦した。

e0068836_1244416.jpgりんは、ドックウオークなどを怖がることもなく、楽しそうにやっていた。一方ふうちゃんは、ドックウオークが恐くて登れない。そこでパパさんと二人がかりでお尻を持ち上げ、強引に登らせ、2人であやしながら、簡単なコースの練習。

しかし、トンネルから出てきたな~と思うと、またトンネルに戻ってみたり、勝手にハードルを跳んだり、ふうちゃんは一人アジ練状態になってしまう。その様子がおかしくて、結構みんなの笑いもとっていたんだけど、それじゃダメなのよ~。

こんなわけで久しぶりのアジ練、実質1回目が終わった。りんがいい感じだったし、2匹とも前回と違ってとても楽しそうだったので、続けて通うことにした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-20 19:34 | アジリティー

アジリティー初体験

アジリティーを早くしたくて、うずうずしていました。でも、先生には「まだコントロール下にもおけてないのに時期尚早」と言われ続けてきました。

そんな時、草アジの練習会の中でも、超初心者を対象にした講習会があるとのこと。これなら風鈴でも大丈夫かなぁと、思い切って申し込んでみました。

さて、はじめてのアジフィールド。まずは直線に並んだ3つのハードルを跳ぶ練習からです。風も鈴も、まあまあ真面目にやっています。ところが、3回目くらいから、もう「やるのイヤ~」となってしまいました。え~、今日は1日講習を申し込んだのに、まだ始まって20分もたっていないよお。

ほかのワンちゃんはといえば、今日で2回目や初めての人たちばかりなのに、みんなやる気満々で飼い主さんと楽しんでいます。

それで焦ってしまって、嫌がる風鈴ちゃんを無理矢理抱っこしてハードル前まで連れていき、たまには首輪にショックなんか入れちゃったりして、半強制的にとばしていました。それでも、ハードル、トンネル、ドッグウオークが組み合わさったコースになると、少しだけ楽しそうになって、脱走もせずに真面目にやっています。

なのに、驚いたのは午後からの練習です。なんと競技会で使ったというコースが組まれ、一人ずつ練習することになりました。もちろん、そんなもの出来るわけありません。風も鈴も、ハードル、トンネルまではいいんだけど、トンネルを出てくるとドバーっと脱走してしまい、話しになりません。ふうちゃんにいたっては、リードがドックウオークに引っかかって首つり状態になるわで、拒否が続き、途中からは見学組みになりました。

初めてのアジ練習でしたが、なんだか風鈴に嫌な思いをさせただけでした。脱走した時の呼びもまったく効かないし、テンションも驚くほど低い。ほかのワンちゃんとは格段の差で、風鈴にアジは向いてないんだな~ってちょっとがっかりでした。

e0068836_15475135.jpgもし、今日楽しそうにやってくれたら、これからも時々通いたいなぁ、と思っていましたが、これでは続ける訳にはいきません。アジはもう少したってからすることにしました。

なんだか、がく~っときた1日でした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-21 15:39 | アジリティー

エクストリーム講習会

埼玉県の秋が瀬公園で行われたエクストリームの講習会に参加しました。風鈴、初の障害機材に挑戦です。やっぱり最初は恐くて低いドッグウオークなんかも全然登れませんでしたが、スタッフの方に手伝ってもらって、なんとかできるようになりました。

e0068836_13352791.jpgそして、午後からの模擬競技会。ふうちゃん、ハイスピードのリード付き部門で優勝しちゃいました~。まあ、たまたまって感じだったんですが、とってもうれしかったです。ちょびは嫌がって全然やってくれなかったもんなぁ・・・。
しかし、後でビデオを見ると、ふうちゃんが速いというより、ママさんが速かったみたい・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-21 18:28 | アジリティー