黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:服従訓練( 129 )

モチベーション

よくラブちゃんなんかで、「ボール大好き!」なんて子たちがいます。そんなワンちゃんたちは、ボールをモチベーションに練習を行ったりしますが、風鈴はおもちゃに見向きもしません。家の中でおもちゃをあげると、最初は嬉しそうに遊んだりもしますが、あっという間に飽きてしまいます。なので、外におもちゃを持っていって、ピーピー鳴らした所で、いつもシラ~という感じです。

e0068836_13413631.jpgだから、モチベーションはもっぱらおやつです。それも、最近同じおやつだと飽きてきたようで、食いつきがどんどん悪くなってきました。だから、手を変え品を変え、おいしいおやつを色々与えています。でも風鈴ちゃん、冬毛のせいもあると思うんだけど、どんどん体がコロコロしてきました・・。ちょっと食べ過ぎよね~。困ったわぁ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-19 18:22 | 服従訓練
e0068836_13362697.jpgお散歩と違って、訓練中は飼い主への集中が要求されます。でも、風鈴ちゃんなんて、集中力ほとんどありません。それでも、理想として求められるのは100%の集中です。

脚側行進中にちょっとでも他に気が散った時点で、ガチャンとショックを入れるように言われます。向きを変えるなど、何らかのアクションを起こして、こちらに注意を向けなければなりません。

風鈴ちゃん、ちゃんと横について歩くようにはなってきてるんだけど、あんまり飼い主の顔は見ません。ほかのワンちゃんの訓練風景を見ていたら、ず~っと飼い主さんの顔見て歩いていたりするので、先は長そうだな~と思いました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-15 18:18 | 服従訓練
正確なヒールポジションにつかせるために、お腹のあたりを持ち上げて、強引に寄せようとすると少し嫌がる2匹。
まず、この反発自体が良くないのと、これができると正確な位置につけやすいので、少し強制を入れた練習をすることになりました。

e0068836_13343698.jpgショックをかけながらヒールポジションへ誘導し、強引にお尻の部分を押して座らせます。この間、誉めたり、解放したり、ストレスを抜くために時々おやつを与えながら続けます。相当テンションの下がる訓練なので、ふうもりんもブスーっとし始めました。ちょびもそうだったけど、柴犬ちゅうのは、触られてどうのこうのされるのが嫌いなんだな~と改めて実感です。う~ん、難しいなあ。。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-15 18:09 | 服従訓練

一発芸

風鈴には芸ごと?も習わせたくて、訓練の傍らに、芸も仕込んでもらうことになりました。とはいっても、JKCの訓練競技会では、科目に入っているものばかりなんですが・・・・。

この日教えてもらったのは、「おまわり」です。りんちゃんは、えさで誘導されると、されるがままにクルクルとずっとまわっています。一方のふう君はなかなか体が重くてまわってくれません。それでも、一生懸命教えるとなんとかまわってくれるようになりました。そして、何度か練習すると、「シンクロおまわり」の完成です。ふうとりんが同じ方向にクルクルまわる様子は、かなり面白くて、先生が一番喜んでいました。

一方の訓練。ふうは「ツケ」が大好きになったみたいで、「ツケ」「ツケ」といいながら移動すると、ピタ、ピタと飼い主の足にくっつき虫のようについてくるようになりました。りんはもうちょっとなんだよね~。フセもできないし、まてないし、結構差が出てきちゃったね~。

e0068836_13375886.jpg訓練終了後に、普段のお散歩が相変わらずひどいことを伝えたら、月齢(7か月)などを考えたら、まだ仕方がないですよ~と言ってもらってちょっとホッ。チョークチェーンも犬種や風鈴の性格、年齢を考えたら今は必要ないと言われました。それよりも、訓練が楽しいことをどんどん教えていくことが第一みたいです。
風鈴ちゃんガンバロ~!!!
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-12 18:03 | 服従訓練

脚側行進の約束

訓練に入ったら、犬が迷わないように、出足などを決めることになりました。
a)脚側行進は必ず右足からスタートする
b)右に回る時は足をTの字にしながら小さく回転する
c)左にまわる時は、右足から回り込むようにして曲がる
などなど。

e0068836_133120100.jpgたいしたことではないんだけど、いざやってみると、「あれ?あれ?」みたいになっちゃって、まるで右と左の区別がつかない幼児状態(^^;)。

「ツケ」ももっともっと喜んでツケるようになるために、とびきりのおやつを使って「ツケ」の正確な位置を教え込んでいきます。右へ一歩ずれたり、1回転したり。ふうはいい感じで「ツケ」るようになってきました。りんの場合はどうしても1歩前に出てしまいます。

「スワレ」もだいぶできるようになったので、今度は座らせたまま、いろいろな誘惑を入れていきます。例えば、座っているりんちゃんの前で、飼い主も一緒に座ってみたり、グルグル回りをまわったり、「上手~♪」と言って誉めてみたり。風鈴は全然待てない子たちなので、アクションが激しいと、フワ~とお尻が浮いてきちゃいます。

写真=キョロキョロしながら脚側行進(になってない)の練習をするりん
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-10 17:40 | 服従訓練

フセ→スワレ

e0068836_13381139.jpg前回に続き、「スワレ」のコマンドで座り続ける練習です。おやつをあげながら、「座っていればいいことあんねんで~」と教えていきます。風鈴、深夜のコソ練の成果もあって、だいぶ座り続けるようになりました。それでも、時々おしりがフワ~っと上がってしまいます。

この日新たに習ったのが「フセ」から「スワレ」の練習です。この逆は家の中でも時々やっていたので馴染みがありますが、フセから座らせるのは、初体験です。おやつで誘導しながらスワレの体制へ引き上げています。

ところで、
まだ訓練を始めたばかりなのに、先ばかりを焦る飼い主は、この先いったいどうなるのだろうと思って先生に色々質問してみました。

Q,訓練競技会にはいつ頃から出場できるようになりますか?
A,今のペースで練習を続けても最低6か月は必要です。

Q,チームテストに合格できるにはどれくらい必要ですか?
A,やっぱり最低6か月くらいは必要ですね。

Q,アジリティーの練習も早くしたいのですが。
A,時期尚早です。犬をコントロール下に置いて行う競技ですから。


練習ビデオ
モデルはりんちゃん。めちゃくちゃな脚側行進だけど、指示無し停座(ゆがみまくり)もなにげにできてるし、今よりも意欲があっていいかも(^^;)。しかし、指導手もめちゃくちゃやなぁ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-05 17:28 | 服従訓練

訓練と解放

e0068836_13301813.jpgすっかり張り切りママさんは、訓練以外の日でも、毎晩みっちり練習です。でも、まだ訓練の楽しさをよく分かっていない風鈴ちゃんは、結構迷惑そうです。でも、「高い授業料も払ってるし、頑張ろうね」と自分に言い聞かせて今日もビシバシ(^_^)v

さて、今日からいよいよ訓練科目の練習に入りました。今までやってきたのはお散歩の練習です。だから集中もそんなにいらなかったけれど、訓練が始まると、100%の集中が求められてきます。(そんなの風鈴に出来るようになるのかな~。)

さて、前回の復習脚側行進は2匹とも良くできているので、今回も誉められました。しかし、りんが飼い主の前に回り込んでしまうので、おやつを使って大きく前から後ろに回し混むように誘導します。

コマンドの統一も始まりました。今までは勝手に色々と教えてきたけど、ヒールポジションにつける時は「ツケ」。歩き始める時も同じく「ツケ」の号令で歩き始めるようにしました。

そして、今回のメーン「解放」の練習です。飼い主が「解放」のコマンドを出すまで、犬は命令に従い続けなければいけません。うちは手をパンとたたいて「OK」ということにしました。これを合図に犬は再び動き始めます。そして、解放後はいっぱい犬と遊んであげます。もちろん風鈴ちゃん、目の前でパチパチ手をたたかれても、最初は全然何のことか分かってないみたいで「ぼ~っ」としていました。

次に、「停座(座れ)」のコマンドです。今までは「スワレ」で座らせると、次は「マテ」のコマンドをかけて待たせていました。ところが、コマンドは1つでいいということで「スワレ」をかけたまま、その場で待たせる練習をしました。この練習にはいっぱいおやつを使うので、風鈴ちゃんたちはルンルーン♪と楽しそうでした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-03-03 17:13 | 服従訓練

飼い主を常に意識させて

初回は家の前で散歩の練習をしたけど、今度は誘惑の多い近所の公園に行って前回の復習。

ふうちゃん、たくさんいるハトポッポに心を奪われ、「えへへ~、追いかけろ~!!」モード突入一歩手前です。この誘惑に負けないために、飼い主は歩く速度を色々変えたり、向きも頻繁に変えながら、頑張ってリーダーウオークです。ふうちゃん、最後にはポッポちゃんへの誘惑を断ち切ったようで、頑張って横についてお散歩できました。
先生もとっても良くできているのでびっくりしていました。だって張り切って毎日練習しちゃったもんね~。

e0068836_13415521.jpg後半はおやつをご褒美に使いながらの練習に入りました。飼い主をじっと見て歩くようになったら、おやつを与えてさらにこちに注目するようにし向けていきます。

風鈴、おやつが嬉しくて、またぐっといい感じになりました。

この時気を付けることは、「おやつがあるからこっち向いて」ではなくて、「飼い主を見てたらおやつが出てきた」ということが大切らしいです。
今まで、おやつで釣りまくってたもんな・・・・・・・・・・・・・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-02-25 17:12 | 服従訓練

いよいよ訓練開始

 さて、今日からいよいよ風鈴ちゃんの訓練開始です。といっても、最初のうちは「訓練」はさておき、まずは「正しいお散歩ができる」ことが大きな目標です。それでは、風鈴ちゃん頑張りましょう~。

<飼い主を常に意識させて散歩する練習・その1>
散歩中は常にリードをゆるませた状態で歩くことが理想です。そこで、リードがピ~ンと張った時点でリードを一瞬強く引っ張り、犬にショックを与えます。すると犬は飼い主の方を見ます。そこですかさず呼び込んで、近づいて来たら誉める。ということを繰り返しました。
 
このリードを使ったショックは、犬に罰を与えるためではなく、「ハッ」とさせるために使います。だから、このショックの入れ方が結構難しくて、なかなか上手に出来ませんでした。

それでも、しばらくするとふう君は、ショックを与えなくても、飼い主の方向転換と一緒に、スゴスゴ歩いてくるようになりました。

犬の歩く位置は、飼い主の左側につくのが理想だけど、今はどこにいてもいいので、とにかく飼い主を意識させるようにします。そして、飼い主の近くを歩くようになったらうんと誉めてあげます。

このほか、人への飛びつきはやめさせること、散歩は1匹づつ連れていくことが望ましいなどのアドバイスも受けました。

さてさて訓練終了後、風鈴ともに?????の世界だったようで、2匹からは大量のストレスブケが出ていました。飼い主にとっても犬にとっても、戸惑いだらけのスタートとなりました。 

その一方で、初回の訓練でおもしろいほどの変化を見せた2匹。わ~、さすがプロの訓練士さんに教えてもらうと違うわ~と思って、早速ルンルン気分で夕方散歩に出かけたら、いつもの通りのリードピキピキ散歩で、何も変わっていませんでした。ガ~ン!!!!e0068836_13285667.jpg


初回の様子は「ふうとりんのわらわら日記」2004年2月22日でも紹介しています。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-02-22 16:32 | 服従訓練