黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:服従訓練( 129 )

ここのところ、JKCの訓練に照準を合わせて練習をしていたら、
意外なところでたくさん落とし穴。

OPDESのオビディエンスの「座って待つ」「伏せて待つ」は指導手が30歩離れるんだけど、この距離はJKCの約2、3倍。

ずっと短い距離で待たせる練習ばかりをしていたら、風鈴とも、長い距離が全然待てなくなっていた。e0068836_821734.jpg

ふうちゃんなんて25歩くらい離れると、「うっほっほ~い♪」と走ってくる。

何度やっても、「ママ~、きゃっほ~♪」と走ってくる。あと1週間で、この変な癖を治すべく・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-02-14 07:53 | 服従訓練
神奈川訓練士会の訓練競技会に参加。
e0068836_647096.jpg◆ふうちゃん
第1部(紐付きの部) 
49.5点(50点中)=1席(18匹中)

脚側行進、停座からの招呼、据座、遠隔の伏臥、立止
◎審査員の講評
伏臥が遅い。
風鈴の伏臥は鬼門だ。色々工夫してやってんだけど、いつものそのそ、もぞもぞ伏せをする。

第2部(CD1) 49.7点(50点中)=1席(25匹中)
紐付き脚側行進、紐無し脚側行進、停座からの招呼、伏臥、立止
◎審査員の講評
素晴らしいですよ。敢えて言うなら、指導手に自信がないのが体の向きに出ているので、犬にあわすのではなく、もっと犬が人間に合わせるようにもっていくといいですね。


e0068836_732723.jpg◆りんちゃん
第1部(紐付きの部) 
48.6点(50点中)=5席(18匹中)

脚側行進、停座からの招呼、据座、遠隔の伏臥、伏臥
◎講評
内容がひどすぎて記憶なし。

第2部(CD1) 47.0点(50点中)=15席(25匹中)
紐付き脚側行進、紐無し脚側行進、停座からの招呼、伏臥、立止
◎講評
紐無し脚側でもうちょっと頑張るように言われたような気がする・・・。


訓練競技会で1席がもらえるなんて夢のようだった。しかし、脚側行進中のターンで一瞬遅れる、伏臥が遅い、などまだまだ課題も多かった。りんに関しては、ここまで下がるか、というほどテンション下がり、こんな日もあるんだな~と思った1日だった。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-02-11 06:35 | 服従訓練
e0068836_6352398.jpg最近、随分と訓練日記を書いていなかった。

その理由はかんたん。訓練をおさぼりしていました~。訓練士の先生にも、最近はほとんど見てもらうこともなくなくなった。

風鈴も最近ほとんど進化してないし、
あんまり進化しないタイプみたいだし、まあいいや、なんて思いながら。

そんな中で今月りんはいよいよ「CD1」の競技にデビューです。
でも、申し込んでから超後悔。。。。
申し込む前日、1か月に1度くらいしかない、りんの「りんりん♪デー」だったので
ついつい調子に乗って予定外に申し込んでしまった。
もちろん翌日から、またうつ病みたいな作業しかしないし・・・。

りんは、アジもオビもいつも気分だけでやっている。
それに比べてふうちゃんはいつも一生懸命だ(本番へたれるけど・・)。

どうしてこんなに違うのかなぁ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-02-09 18:20 | 服従訓練

1年間の総括

飼い主の趣味で、面白くもない服従訓練を今年3月から始めて10か月。
8月末から念願のアジリティを始めて約4か月。
まだまだ初級者の域は出ないけど、よく頑張ったかな、と思う。

柴犬は訓練にむかない犬と言われているけど、作業意欲のある柴犬もたくさんいる。
競技会なんかに行くと、上のクラスでブルンブルンしっぽ振りながら服従やっている黒柴ちゃんとかいるのだ。
でも、風鈴ってどっちかというと犬としてはおとなしい方で,服従訓練の最初の半年はうつ病の犬と一緒にやっているみたいだった。
先生にも競技会で活躍できるとは思わないでくださいねって何度か言われてたし・・・。
ちっとも面白そうじゃなかった。ひたすらに暗い、暗い、暗い・・・・・。

そんな犬とでも諦めずに続けていれば、なんとか形もできてくるもんで、今じゃ~ふうちゃんなんてたまに訓練中にしっぽ振ったりする(おやつほしいからみたいだけど・・)。

たなぼたの入賞もいっぱいあったけど、9月から競技会に出始めて4か月。
けっこうメダルや表彰状もらって嬉しかった。正直、予想外。初級者のころってもらいやすいってこともあるから、きっともうこんなにもらえることはないだろうと思う。なので、記念に寄せ集めてパチリ(一部参加賞も・・・)。

e0068836_1493959.jpg一番嬉しかったのは、JKC本部競技会での初等科5位入賞。これは格別だった。

でも、そんなんで「できてあたり前」と思うようになったら風鈴全然アジやらなくなっちゃったりして色々あった一年でした。

今もふうちゃんがアジのDW、シーソーで大きな壁にぶちあたり中。これをクリアしなければ、先はくらいの~。

ということで、来年もまた一年、風鈴、アジに服従に頑張りマス!!
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-12-31 13:37 | 服従訓練

難しい行進中の伏臥

◆行進中の停座
集中さえ切れなければ、とても反応がよくなった。

◆行進中の伏臥
反応はいいが、停座の状態で必ずといっていいほど止まってしまう。
結局離れながら遠隔で伏臥させているのが現状。

行進中の伏臥って風鈴には滅茶苦茶難しい科目だ。ちっとも上達しない。

訓練士さんいわく、反応はいいので、伏臥と停座の声符を聞き分けられてないのではないか、とのこと。ふうが伏臥を終えたら離れるようにしてみる。


週末の訓練競技会でのふうのへたれビデオを先生にチェックしてもらう。
地面の臭いをかぎまくる、キョロキョロすると、あまりにもの集中のなさで、
指導手が立ち位置やペースなど、ふうにいろいろと合わせまくっているのがかっこわるかった。

e0068836_13265571.jpgもっと義務のところを入れていこうという話しになったんだけど、普段の練習だとふうちゃん、キョロキョロどころか、地面の臭いかぎなんて一切しない。仮に集中が切れても、一度呼べばすぐに戻ってくる。よって、普段の練習ではなかなかシメる機会がない。

どうしたらいいのか、よく分からない今日このごろ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-12-14 10:46 | 服従訓練

出きる科目がない

日曜日は訓練士会の訓練競技会。
前回と同じく、りんは紐付きの5科目、ふうは紐無しの5科目にエントリー。

なんだけど、今回はふうもりんも不調につき、たかが5科目なのに科目が選べない。

まずは得意の「立止」がまったくできなくなっているからダメ。
次にこれも得意だったはずの「マテ」系科目が総崩れ。
「据座」は科目に入れるつもりだけど、動いてしまう確率70%。
停座からの招呼もちょ~アブナイ。

そしてふうに関しては練習では1声符でできる「フセ」を、
最近本番では絶対1発でしないから
これも入れるのが恐ろしい。

したら、まだ初心者のふ~りんには、出来る科目がなくなっちゃったのだ。

よって、迷った末に選んだふうちゃんの科目は
1,紐付き脚側行進
2,紐無し脚側行進
3,据座
4,停座からの招呼
5,常歩行進中の停座
e0068836_203647.jpg

たかだか初級の5科目で、なんでこんなリスキーな科目選びをしなければいけないんだ・・・。
2と5は自分から点数落としにいっているようなもんだしなぁ。

さて、日曜日はこの状態でどれだけやってくれるのでしょう。
楽しみです。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-12-09 19:28 | 服従訓練

犬を気にせず歩く

e0068836_20273013.jpgマテが出来なくなったのを先生に見てもらう。
こんな基本的なことが、2匹一緒に全くできなくなるなんて、双子は恐ろしい。とは言われないが(笑)、私の動きを一緒にみてもらって、いくつかアドバイスをもらう。

次に「立って」。
相変わらずふうちゃんの「立って」はアホなオットセイ。
これも、自分なりに矯正したやり方を見てもらう。
でも、まだ先行きは暗い。
「立止」が出来ないと、JKCの競技会には出られない。

ふうの脚側行進はぐっといい感じ。
ひもをはずしてやっても、離れてしまう不安がほとんどなくなってきた。
あとは指導手が犬を気にしすぎているから、もっと、気にしないで歩くようにと。
犬が人間を気にして歩くんだから、人間は犬を気にする必要はないらしい。
確かにふうの場合、あんまり見てやらなくても、勝手にまとわりついてくるようになっている。

でも、りんちゃんはダメ。
いっぱいいっぱい励ましてやんないと、一緒に歩いてくれない。
でも、りんちゃんはかわいいから許しちゃう♪
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-12-08 19:14 | 服従訓練
e0068836_2026479.jpgりんちゃんから遅れること2日。

なんとふうまでも「マテ」が出来なくなった。
ふうちゃんを脚側につけ「マテ」及び「スワレ」で
背中を向けて離れると

「おっと、おっと、ツイテいかなきゃね~」
とスタコラサッサとついてくる。
何度やってもついてくるのだ。

やはりDNAは譲れないのだろうか?

でも、ふうの場合、このところ脚側を強化しすぎているので、
たぶん指導手にまとわりついてくるのだろう。。。。

脚側がど~んとよくなった分、あれもダメ、これも出来ないの繰り返し。

もう一度最初に戻って直していくしかないんだよね。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-12-06 19:08 | 服従訓練
りんちゃん「マテ」が全然できなくなった。

「りん、マテ」と言って背中を向けて離れると
「一人じゃいやだり~ん♪」とスタスタと後をついてくる。

もう一度「りん、マテ。マテだよ」と気合いを入れて離れると、
またもや「だから、さみしいだり~ん♪」とスタスタ後をついてくる。

なんでやねん。
でも、ホント一匹残されるのが嫌みたいだ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-12-05 19:00 | 服従訓練

常歩行進中の停座&伏臥

CD2及び、オビディエンス2へのステップアップをめざし、このところ常歩行進中の停座と伏臥を練習中。

「常歩行進中の停座」は、指導手が立ち止まったりせずに「スワレ」の命令で犬を座らせ、そのまま振り返ることなく歩き続ける科目だ。

停座の方に関しては、9割くらいの確率でふうちゃんの方は出来るようになった。
ただ、伏臥は、普段でもなかなか動作がのろいので、ほとんどうまくいかない。
とりあえず座るまではいくけど、座ったままぼけら~としていることが多く、結局は遠隔で座らせている感じ。

e0068836_161748100.jpgそれで、自分なりの対策として体符、声符、視符ぜ~んぶ使って、気合いで「フセ~!!」とかやっていたら、やっぱり「よろしくない」とのこと(>_<)。体符で落としている間にも、ふうちゃんずりずり前進している・・・。

「フセ」って風鈴にとっては結構鬼門だ。

写真は本文とは関係ありません。貴重なりんのオビでの表彰台(^_^)v
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-11-27 16:19 | 服従訓練