黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2005年 04月 ( 16 )   > この月の画像一覧

できることもできない日

ずっとやっていると、「あれ、昨日はできたのに、なんで出来なくなっちゃったの?」なんてことがたくさん出てくるようになりました。

ふうちゃん大好きな招呼ですが、ここのところ呼ぶと、なぜか大きな半円形を描いてトロトロと走って来ます。もちろん停座の位置もずれまくりです。

e0068836_1424772.jpgそんな時でも明るく楽しく直していかなければならないのよね~

訓練は、1歩進んで2歩下がるような感じで進んでいます。そしてふうちゃん、この日初めて「フセ→スワレ」が号令のみで出来るようになりました。こういう小さな進歩がとっても嬉しいんです。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-30 13:57 | 服従訓練

訓練競技会に参加

埼玉県の吉見総合運動公園で開かれた「訓練王座賞決定競技会」に参加しました。といっても、本競技にはまだ出場できないので、アトラクションの「かけっこ」と「休止」に出場です。

e0068836_1411830.jpgまずは「かけっこ」です。いつものお遊び運動会では速い!と思うふうちゃんだけど、今日は訓練されてるワンちゃんばかりだから、そうはいきません。小さいこクラスでもみんなめちゃめちゃ速い。ふうもりんもドバ~っと全力で走ったけど、全然みんなにはかないませんでした(^^;)。

続いて「休止」です。ラブやボーダーちゃんたちに混ざって柴犬は風鈴だけ。飼い主は「休止」の号令をかけて5メートル離れた地点で後ろ向きで立ちます。その間を色んな誘惑が通過していきました。

最初はスタッフさんがワンコの前を走り抜けたり、回ったり。少しずつ脱落していく中で、風鈴はなぜか頑張っていましたが、7分経った時にりんちゃんが失格。

そのうち「ケンタッキー食べる?」とチキンがワンコたちの前を通過する誘惑まで登場しました。さらに、次は知らないおじさんから呼ばれる誘惑。なのに、そのおじさんってうちの先生でした。わ~、そんなの不利だな~と思っていたけど、ふうちゃんは草を食べるのに下を向きっぱなしで、気付いてなかったようです。

e0068836_1413682.jpgそして、最後ボールを顔の前でブルンブルンされても動かなかったふうちゃんは10分以上を経て最後まで残ることができました。「ヤッター!すごいぞふうちゃん」。そばにいた先生もかなり予想外だったらしくびっくりしていました。

だけど、ふうちゃん「よく頑張ったね」って迎えに行った時、一心不乱に草を食べていて、話しかけても知らんぷり。「ふうちゃん行くよ」ってリードを引っ張っても、「まだ食事中~!!」と突っ張っていました。あ~それで動かなかったわけね。

でも動かなかったことには違いはないんだからOK、OKよ~。今度はアトラクションじゃなくて、競技に出れるように頑張ろうね。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-29 13:47 | 服従訓練

普段の散歩とのギャップ

2匹いるので、毎回公園と家の行き帰りには、どちらか1匹が先生と歩きます。前回の訓練ではふう君が先生とペアでした。

帰ってくるなり、「ふうはお散歩に関してはもう何もいうことがないですね」と先生。お世辞かな~とも思ったんだけど、ちゃんと横について歩く、人間が止まればふうも止まる。他のワンに心を奪われても呼べば戻る、などなど大変よくできているとのこと。

e0068836_13474945.jpgでも、普段のお散歩は相変わらず滅茶苦茶なんです・・・・。先生がいる時だけよい子で歩くふうりんちゃんなんです・・・。

そういいたいのをぐっと抑えて、素直に喜んでいるふりをしてみました。これじゃダメなのよね~。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-28 13:41 | 服従訓練

足でチョン

「フセ」から「スワレ」の練習も、横についた状態でやると、なかなか1回や2回ではやってくれません。

そこで、先生がおもしろい方法を教えてくれました。犬の前足を少し人間の足で触ると、敏感なワンコはそれに驚いて立つようになるそうです。フムフム。

早速りんちゃんで実験です。「りん、スワレ」といっても相変わらずフセたままなので、足でチョンと触ってみました。でも、りんは知らんぷりです。「あれ?触り方が足りないのかしら」と思って今度は勢いよくチョンと蹴ってみましたが、りんは相変わらず知らんぷり。

さすがりんちゃんは、チョンくらいじゃ反応しないみたいなので、「おら~、りん、スワレよ~」と足でドンときつめに蹴ってみたら、見ていた先生に「なんか、目的が違っています」と注意されてしまったので、りんちゃんでの実験は中止。というか、りんにはこの方法は効かないことが判明しました。

e0068836_1420538.jpgちなみに、ふうで同じことをやってみると、ちょこっと足に触れただけなのに、ふう君は「ウギャ~!!!!!」という感じでオドロキまくって立ち上がりました。そして、「ママ、何すんねん」という不信そうな顔で見てきました。ふう君にはちょっと効き過ぎたようです。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-28 13:33 | 服従訓練

勝手に来てしまう

停座をさせて離れます。振り返って向かい合うと、呼んでもないのに勝手に来てしまうようになりました。

毎回同じように練習していたので、「あ、次は呼ばれるんだな~」と犬が勝手に学習してしまったようです。そこで、カモフラージュで呼ばない練習も始めました。

2回に1回は呼ばずに、戻って横について誉めます。なんか来そうな感じの時は、イソイソと慌てて戻ってしまいますが、何度かやっていると、「呼ばれない時もあるんだな~」思ってくれるでしょう。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-27 13:29 | 服従訓練
e0068836_1433065.jpgりんがおやつの誘導を使うと「立って」が出来るようになったことを先生に報告しました。

そして、いつもの通り、脚側で公園まで移動です。りんがやたらと歩きながら飼い主にじゃれてくる様子を見て、先生が不思議そうに「どうしてそんな感じなんですか?」と質問してきました。

「ふうりんはいつも2匹で遊んでいて、飼い主と遊ぶということがほとんどありません。それで、おとついくらいから飼い主対1ワンで、プロレス遊びみたいなのをやって、テンションを上げているです。噛みつかせ遊びみたいになっちゃってるんですが」。と説明。

先生は「なかなかいいことですね」といいつつも、直接服や手を噛ませることは良くないから、間にオモチャを挟むようにとのこと。

特にりんは訓練中、驚くほどテンションが低いので、少し遊んでやってから始めると、かなりいい感じになります。そして、訓練に切り替える時は、まったく違うトーンで背中をゆっくりとなでてあげながら、訓練モードにスイッチを切り替える、という方法を教えてもらいました。

そして、相変わらず脚側の位置に立って伏臥を命じても全然できないふうりん。今後どうしましょうか、と相談したが、しばらくは強制をやめて時間をかけて教えていくことにしました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-27 13:23 | 服従訓練

訓練競技会場での練習

JKCの本部競技会が江戸川の篠崎緑地でありました。先生や他の生徒さんも集まるというので、風鈴も場所を移して移動教室です。競技会の雰囲気に慣らすためにも、いい機会だそうです。

さて、会場に到着すると2匹とも初めての場所に大興奮状態です。リードはピキピキに引っ張り、首が絞まるじょ~というくらい引っ張りまくりです。
あ~、やばいやばい。こんなの見つかったらやばいね~、と話していたら先生に見つかりました。もちろん厳しいチェ~ックが入りました。

大興奮状態も、先生に一度きついショックを入れてもらうとふうの方は少し落ち着きましたが、それでも気を抜くと、スタスタと歩いていってしまいます。りんにいたっては、始終やりたい放題で、ほとんどコントロール不能状態に陥っていました。

そして、とうとう「チョークチェーンを購入してください」令が発令されました。先生だと首輪で充分らしんだけど、飼い主たちの使い方がへたくそなので、チョークにした方がいいでしょうとのこと。

競技会場には、いっぱいワンコグッズのお店が出ていたので、先生に風鈴にあうチョークを選んでもらいました。少し安くしてもらって、1本1000円で購入できました。

結局この日は最後まで興奮が治まらず、実のある訓練という訳にはいかなかったけど、色んな状況下での練習は大切だと思うので、そういう意味ではなかなかいい機会であったなあと思いました。

ついでに訓練競技やフライボールも見れて面白かったです。でも風鈴ちゃんには、まだまだ先のことだな~という思いがしました。
e0068836_1441069.jpg

[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-23 13:13 | 服従訓練

2か月の成果

今日は、訓練を始めてからまもなく2か月になるので、今までの成果を披露する日です。科目は、脚側行進、最後はぐるっとまわってツケで終了です。、停座から招呼→ツケ。伏臥から招呼→ツケ。です。

まずはりん選手です。
・脚側
まあまあですが、飼い主の歩く速度が遅いと、緊張が解けて普段の散歩みたいになってしまいました。最後のツケも1回で出来ませんでした。
・招呼
まっすぐに座れないので、何度もやり直しました。でも先生、「りんにしては上出来。よくここまで出来るようになりました~」と拍手してくれました。りんやん、よかったね~。

次は期待のふう選手です。
・脚側
予想通り、とっても上手に歩けました(注:ふうにしてはですので・・)。ツケもコマンドでピョコンと嬉しそうにつきます。
・招呼
呼ぶと「ハ~イ!!!」と返事をするように飛び跳ねてきます。かわいい。
でもいつもの癖で少し左にそれて座ってしまうので、何度かやり直して正しい位置に誘導しました。
ふうも、とってもよくできているので、誉めてもらいました。ふうくん、よかちんね~♪e0068836_14235970.jpg

*注意*
ふうりんにしては出来ているというだけです。この時点では、飼い主を注視して歩くというようなことはまったくありません。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-20 13:02 | 服従訓練

先生語録 その1

初めての試練を受けたふうちゃん。その効果は絶大で、普段の練習の時も、カラーのショックに敏感に反応するようになりました。

さてさて、今日はパパさんも一緒にお散歩の練習です。途中、人の多い場所に来たら、「スワレ」をさせて待たせたりします。桜橋にさしかかった時に、「休止(マテ)」の練習もしましょうということで、橋に2匹をしばりつけて、パパさんママさんは、見えない場所に隠れました。

風鈴どうしてるかな~。ドキドキワクワク。

先生がいるせいだと思うんだけど、ちゃんと伏せたまま待っていました。先生は意外だったらしく、「面白くないな~」と言っていました。

さてパパさん、たまに訓練に参加したので、何か話してみようと先生に「この子たち全然集中力が続かないんですよね~」って言ってみたら、先生「集中力が続かないっていうより、集中力ありませんから~!!」と言っていました。

ハハハ~。面白すぎる切り返しですね。パパさん、少しショックだったみたいですが、まあ本当のことですから仕方ないです。

e0068836_1421545.jpgふうりんちゃん、全然集中力ないんです。ボール投げしても追いかけるだけで、絶対持ってこないし、おもちゃも一瞬にして飽きるし、訓練やってても枯れ葉が舞ったりするともうダメ。

でも、頑張って少しでも集中できるようにしようね~。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-16 12:52 | 服従訓練

ふうちゃん、最初の試練

最近、ふうに困った癖が出るので、先生に相談しました。

「フセ」の練習中、飼い主が体を起こすと、一緒にぴょこんと立ってしまうのです。

ちょうどその時です。見知らぬ柴犬がお散歩でこちらへ向かって歩いてきたので、ふうはそちらに釘付けになっていました。先生の「フセ」のコマンドにもまったく応じません。そこで、かなり強制的に押さえ込まれました。

ふうちゃん、初めてのことで驚いて悲鳴を上げます。その後も「フセ」に反応しないので、チョークのショックで何度も悲鳴。先生は「フセ」のコマンドでフセルことを何度も繰り返し練習させ、できたら「誉める」ということを繰り返しています。

ふうちゃん、ショックと不安で目がうつろです。あ~、見てたらなんだかかわいそうで、助けてあげたい気分です。でも、そんなことしたら何にもなりません。今まではひたすらに誉めてノセテ訓練をしてきました。このような強制なんて初めてなので、飼い主もちょっとショックでドキドキしてきました。

e0068836_14184146.jpgふうちゃん、がんばれ~!!

最初は反抗を続けていたふうちゃんですが、次第にコマンドとショックで「フセ」を行うようになってきました。「これが義務というものです。いい機会でした」と先生はニッコリ笑っていました。

ふうちゃんはびびりだし、小心者だし、コワイの嫌いだし、どうしよう~。先生のことも訓練も嫌いになっているんだろうな~。

という飼い主の心配はよそに、訓練後、ふうちゃんは先生のそばに自分から近寄って「おやつちょうだい」と催促していました。帰宅後も「今日はへこんでいるかもしれませんが・・」という先生のお言葉に反して、りんと暴れまくり。よかったあ。ふうちゃん9か月、体も心も大きくなったんだね~。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-04-13 12:38 | 服従訓練