黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

りんちゃんは華がある?

久しぶりに訓練に参加したパパさん。
なんだか、熱心に先生にふうりんのことを質問しています。

<質問>
どっちが訓練向きですか?

<回答>
ふうはいつも真面目に科目をこなすけど、ハマッタ時はりんの方がなんでもテキパキやるので、こういう犬は「華がある」っていうんですよ。だから訓練士だったら、りんの方を選びますかね~。

e0068836_1427350.jpg飼い主の所感
「意外」。どうみてもりんはいつもやる気がない(^_^)v
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-29 16:01 | 服従訓練

りんの初脱走

今日は土曜日なので、パパさんもりんとペアで一緒に参加です。

暑いせいか、招呼の練習では、りんはともかくふうまで呼んでもきません。
ふうちゃんは停座の状態で下を通っていたアリさんが気になっていたらしく、「コイ」の声符で待ってましたとばかりに「パク!」とアリを食べてしまいました。
誰がそんな命令してん!

そして、りんちゃん。解放後、パパさんとボール遊びをしていたら、なんとそのボールをくわえたまま、「さよ~なら~」と公園から出て行ってしまいました。

e0068836_1426912.jpgあせったパパさん、「り~ん」と叫びながら追いかけたために、りんは嬉しくなってどんどん逃げていきます。

見ていて顔から血の気が引きましたが、その後、道路に出る直前で捕まえることがでえきて、一安心でした。

今日はこのほか、「股くぐり」を教えてもらいました。
芸ごとは楽しいで、犬も人間も楽しくできるところがいいみたいです。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-28 15:55 | 服従訓練

日本犬で

訓練をはじめてちょうど3か月。
まだ、たったの3か月なんだけど、今日は先生からうれしいお言葉。

「日本犬でよくここまでもってきましたね。私が日本犬を飼っていたら、ここまでやったかなあと思いますよ」

この3か月。確かに雨の日も風の日も?毎日夜遅い時間に、風鈴と欠かさず練習を繰り返してきました。飼い主の頑張りを少し評価してもらって、結構じ~んときました。

だって、ふうりんって訓練始めると、ちょ~テンション低いし、誉めても洋犬ちゃんみたいに喜ばないし、ボールやおもちゃに興味もそんなに示さないし・・・・。

e0068836_15485048.jpgなんだか進歩してるんだか、してないんだか、よくわからない毎日だったもんね。

でも、まだたったの3か月。最初に比べたら出来ることが増えたけど、完璧にできるものはないし、これからだよね。

さて、また明日から頑張りましょ~♪
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-26 15:34 | 服従訓練

崩れた「フセ」

最近、「フセ」をさせると、2匹とも人魚のような崩した「フセ」をするようになっています。「あっ、上手に出来た」と思っても、次の瞬間、ゴゾっという感じで崩します。競技などでは減点になるので、そろそろ直していくことになりました。

そこで作戦その1
「緊張感」を持たせることで、崩さない状況を作る。

こちらの動作もきびきびと、一回の声符でフセをしない時は、チョークですばやくショックを入れ、立ってしまった場合も、もう一度きちんとつけてフセをさせる。

そんな感じで緊張感を持たせてすすめてめていくと、くず回数が大幅に減ってきました。

e0068836_15492779.jpgただ、ふうりんたち、なぜ崩してしまうのだろうか?
もともとは、きちんとしたフセをしていたのだけど、チビッコイがゆえに飼い主の顔を「ニコっ」と見上げると自動的に崩れてしまっているような感じもする。

顔を見上げたことをまずはいっぱい評価してあげたいのに、なんか罰を与えているようで複雑な気分になってしまう・・・・。


練習ビデオ
「立止」の練習風景です。「立って」のコマンドでその場から動かないよう教えていきます。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-25 13:49 | 服従訓練

アジリティー初体験

アジリティーを早くしたくて、うずうずしていました。でも、先生には「まだコントロール下にもおけてないのに時期尚早」と言われ続けてきました。

そんな時、草アジの練習会の中でも、超初心者を対象にした講習会があるとのこと。これなら風鈴でも大丈夫かなぁと、思い切って申し込んでみました。

さて、はじめてのアジフィールド。まずは直線に並んだ3つのハードルを跳ぶ練習からです。風も鈴も、まあまあ真面目にやっています。ところが、3回目くらいから、もう「やるのイヤ~」となってしまいました。え~、今日は1日講習を申し込んだのに、まだ始まって20分もたっていないよお。

ほかのワンちゃんはといえば、今日で2回目や初めての人たちばかりなのに、みんなやる気満々で飼い主さんと楽しんでいます。

それで焦ってしまって、嫌がる風鈴ちゃんを無理矢理抱っこしてハードル前まで連れていき、たまには首輪にショックなんか入れちゃったりして、半強制的にとばしていました。それでも、ハードル、トンネル、ドッグウオークが組み合わさったコースになると、少しだけ楽しそうになって、脱走もせずに真面目にやっています。

なのに、驚いたのは午後からの練習です。なんと競技会で使ったというコースが組まれ、一人ずつ練習することになりました。もちろん、そんなもの出来るわけありません。風も鈴も、ハードル、トンネルまではいいんだけど、トンネルを出てくるとドバーっと脱走してしまい、話しになりません。ふうちゃんにいたっては、リードがドックウオークに引っかかって首つり状態になるわで、拒否が続き、途中からは見学組みになりました。

初めてのアジ練習でしたが、なんだか風鈴に嫌な思いをさせただけでした。脱走した時の呼びもまったく効かないし、テンションも驚くほど低い。ほかのワンちゃんとは格段の差で、風鈴にアジは向いてないんだな~ってちょっとがっかりでした。

e0068836_15475135.jpgもし、今日楽しそうにやってくれたら、これからも時々通いたいなぁ、と思っていましたが、これでは続ける訳にはいきません。アジはもう少したってからすることにしました。

なんだか、がく~っときた1日でした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-21 15:39 | アジリティー

細かい注意点

★脚側行進中に、もっと犬が飼い主を見る工夫。
ふうもりんも、何か落ちていないか探しながら歩いていることのが普段多いのです。→そこで、飼い主の方を見た時に、おやつを積極的に与えて上を見るよう引きつけていくことにしました。


★チョークの使い方
チョークもかける位置によって効果が違うそうです。首の位置より頭の方へ上げて行うと効果がより大きくなるとのこと。使い方もなかなか難しいです。

★最後は成功させて
普段の練習中でも必ず成功させて終わらせることが鉄則です。失敗したまま練習を終わらせないこと。日頃から気を付けなければいけません。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-19 13:41 | 服従訓練
りんの「フセ」が相変わらず甘い。そこで、以前、ふうちゃんがやってもらったチョークによる「強制」をりんにも入れてもらうことになりました。

e0068836_15492945.jpg飼い主も二度目なので、少し落ち着いて見てられますが、やっぱり少しかわいそうという思いはぬぐえません。

さてさて、りんちゃん。最初はギャワギャワ大きな声で叫び続け、まるで公園で動物虐待をしているようでしたが、10分ほどすると大人しくなって、なんとな~くショックに従うようになってきました。繰り返し、繰り返し、入れてもらって「チョークのショックで従わなければいけない」ことを根気良く教えていきます。

途中、「ちょっとやってみますか」と言われて飼い主も試してみましたが、りんは賢いので飼い主には従わず「プイっ」とやるので、思わず笑ってしまうと。「笑わないで真面目にやってください。真剣にやっているんだという雰囲気を伝えてください」と注意されました。ハイ、すみません(^^;)

ところで、面白かったのはその後。りんが強制を入れられている間、そばで見ていたふうちゃんは「先生=りんをいじめるコワイおっちゃん」という構図が出来上がったらしく、恐くて先生の横につけなくなったらしい。見ると、まったく脚側せずに、先生の5歩も6歩も後ろを歩いている。ガハハ~。

先生は「ふう~、ふう~、そんなにこわがんないでくれよ~」と懇願していました。
一方、ヤキの入ったりんちゃんは、やっぱりなんとも思ってないらしく「へへのへ~」と帰りも楽しそうでした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-17 13:25 | 服従訓練

左反転ターン

いつも通り、公園まで歩いた後、先生がふうをとっても誉めてくれました。

「ふうはお散歩に関してはもう言うことありませんね。ちゃんと横について歩く、人間が止まればふうも座る、呼べば見上げる、誉めてなでればエヘヘと喜びます。このままずっとお散歩していたい気分ですよ」

飼い主 「ホントですか?????」
先生  「はい、本当です」
飼い主 「・・・・・・・・・・・・おかしい、おかしい、何かがおかしい・・←心のつぶやき)」

さて訓練開始です。まずはりんから。

少しボール遊びでテンションを上げて、脚側行進を開始。注意散漫であっちを向いたりこっちを向きながら歩いていますが、少しずつ集中力が上がってきます。
紐無し脚側行進のために、リードを外しますが、こういう注意散漫な時は、リードを外したことがわからないように、外します。

次はふう君です。
最初からおやつで充分テンションが上がります。脚側もなかなか完璧なので、リードを外します。ところがノーリードでの脚側中、一瞬ふうの注意がそれたことで飼い主の不安が増大し、
行進ルートが大きくゆがんでしまったらしい。

e0068836_15513284.jpgそういわれてみれば、なんだか大きく歪曲して歩いてきたみたいだ。。。もっと自信を持って歩いてくださいとのこと。

さて、今日は「左反転ターン」というのを習いました。
脚側行進中に180度向きを変える時に使います。
方法は、指導手と犬が逆の方向に回るタイプと、同じ方向に回るタイプがあるらしく、どちらにしようか迷ったんだけど、かっこいいのは前者なので、そちらにすることにしました。

教え方も色々あるらしいのですが、わが家は単にクルっと回ってその後、おやつで引きつけることにしました。意外と2匹ともすんなり回りますが、まだよく分かってないみたいです。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-11 13:12 | 服従訓練
小雨が降っていたけど、いつも通りに訓練開始。

今日からおもちゃを使ってテンションを上げることになっている。最近、ようやくおもちゃに興味を示してくれるようになってきたからです。

そこで2匹の好きなおもちゃをまずは披露です。e0068836_15451532.jpg

りんちゃん→ボール♪
ふうちゃん→雑巾♪

久しぶりに訓練に参加したパパさん。「ふうちゃんのおもちゃそんなのでいいの?」って心配そうだけど、今はこれが一番いいみたいなんだもん。仕方がない。

さて、りんちゃん。ボールが大好きなようで、ボールにとってもいい反応を示します。パパさんは先生からボールの使い方を習っていました。

一方のふうちゃん。雑巾を見せると「ウ~ウ~」といいながら喜んでくわえるのですが、ナカナカはなしません。あごの下をさわって「出せ」と言っていたら、あごの下をさする行為は噛むことを助長させるのでやめた方がいいとのこと。

結局この日ふうちゃんは、ちっとも雑巾を放さなかったので、なんだか訓練になりませんでした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-07 13:05 | 服従訓練

リードをはずせた日

ノリの悪い日もありますが、今日はとてもふうちゃんのノリがいい感じです。りんも頑張ってはいますが、どうしても注意散漫で、ふうに比べるとできが悪いので、あんまり日記に登場しません(^^;)。ごめんなさい、りんちゃん。

さて、今日は「リードをはずしてやってみましょう」という嬉しいお許しが出ました。訓練科目の中にも「紐無し脚側行進」というのがあるので、リードをはずした状態で脚側ができなければいけません。

e0068836_15442251.jpgさて、ドキドキのふうちゃん、じゃなくて飼い主です。「ツケ」の号令で歩き始めると、リードをはずしても意外とちゃんとついて歩いてくれます。わ~すごい。こんなこと出来るようになるんだ!!。純粋にうれしかったです。

でも調子に乗ってドンドン歩いていたら、そのうちふうちゃんびよ~んと飼い主から離れてしまいました。あちゃ~。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-05-03 14:03 | 服従訓練