黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2005年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ハードルとスラローム

夜、同じ公園に練習に来ているお友達が、マイハードルやスラロームをたまに持参する。それで、風鈴も練習していいよ~って言ってもらえるので、少しさせてもらった。

りんは跳んだりするのが好きみたいで、何回かさせると楽しそうだ。ふうは、ハードルのバー自体が恐くて近寄れない。1つとばすのに大変な労力を使う。

e0068836_15542252.jpgスラロームもりんはおやつで誘導すると意外にスラスラ歩いている。でもふうちゃんは、スラロームが恐くて、横切ることさえできないのだ。

ふうちゃん、やっぱりアジリティー向いてないのかなぁ・・・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-30 16:45 | 服従訓練

スーパーおもちゃ登場

e0068836_1623070.jpg夜の静かな公園。

だけど、風鈴の集中力は今ひとつ。

そこでスーパーおもちゃの登場です。

「ネコじゃらし」。

ふうもりんもすごいくらえつきで、集中力がとぎれません。
りんにいたってはいくらでもジャンプするし、ふうもくわえようと大はしゃぎです。

先生曰く「たまにはくわえさせてあげて、満足感も与えるように」とのこと。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-29 16:42 | 服従訓練
りんが毎日のように訓練中に脱走するようになりました。

1日目、訓練解放後にボール遊びをしていて、3投目を投げたら、ボールをくわえたまま反対方向へスタスタと逃走を開始。広場の一角にある草むらの中を、すごいスピードで走り回り始めた。「お前はウサギか!」というような感じで10分間ほど逃走を続け、おさまった所で慌てて捕獲。

2日目、フリスピーを投げていたら、2投目をくわえたまま、またもや逃走を開始。最初はスタスタスタ。。という感じなので、「り~ん、おいで、おいで~」と呼ぶとクルっと振り返り、一瞬立ち止まった後に「バイビー」と言わんばかりにドビュ~ンと大脱走。またもやフリスピーをくわえたまま、目にもとまらぬ早さで「楽しいだり~ん♪」と駆け回り始めた。

3日目、変な癖がついたら困るので、脱走するようなシチュエーションは作らなかった。が、これでは制約がかかって思い切り運動させてやれない。

e0068836_15563894.jpg4日目。久しぶりにロングリードを使用。脱走を始めたらリードで死ぬほどショックを入れようと思って気合いを入れてスタンバイ。するとなんとこの日は1投目を拾った所で逃走を開始。不意をつかれたが、「今だ!」とリードを引っ張ろうと思ったら、ロングリードの先がスルスル~とりんに引っ張られてしまい、なんとロングリードを付けたまま大脱走。

捕獲後、もう一度やって見ようと思い「ほ~れ、りんちゃんフリータ~イム」といって放すが、ずるがしこいりんは、絶対そばを離れない。じゃあ、「テンション上げまくってやれ」と思って一緒に広場を走り回ったら、びったりと横について走りよるし・・・・。 あ~なんか、見透かされまくり。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-24 16:39 | 服従訓練
なんでやねん、と思うんだけど、ふうちゃんの「ママの足コワイ病」が今だ治らない。あんなに楽しそうにやっていた股くぐりも全然できないでいる。

で、飼い主考えてみました。ふうちゃんをいつまでも甘やかしていてはいけません。

e0068836_15572050.jpg強制的に股をくぐらせることにしました。つまり、無理矢理リードを引っ張って一度くぐらせることによって、「大丈夫」と思わせる作戦です。

ふうちゃんは「イヤ~」と拒否しますが、グイっと引っ張って股をくぐった所で、いっぱい誉めます。それを3回ほど続けたら、ふうちゃんのトラウマ、治りました!!。

なんじゃそりゃ(^^;)。
ちょっと勘弁してください、ふうちゃん。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-17 16:35 | 服従訓練

最近のふうりん

★りん★
1,最近散歩中に寝そべるようになった。暑いからみたいだけど、全然動かなくなるので、困っている。

2,今週からなんちゃってフリスピーを始めた。もともと、ボール投げが好きなので、7回に1回くらいはキャッチできる。

3,股くぐりがだいぶん上手になってきた。飼い主が体を起こしてもできるようにしたい。

★ふう★
e0068836_15573074.jpg昨日の自主練習でも、訓練中に通りがかった高校生にくっついて大脱走。完全にくせになっている。一度公園を出てしまい、何度も呼んだらようやく戻ってきて「只今戻りました~!!」と正面停座した。
怒りたい気分をぐ~っと抑えて、戻ってきたこと誉めて評価する。あ~、こわいよ~ん。

いぜん、股くぐりはママさんの足が恐くてできません(^^;)

練習ビデオ
ふうちゃん停座から招呼。このころ、誉めるとわらわらと立ち上がってしまっていました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-15 16:28 | 服従訓練

トラウマは大影響

前回、脚側行進の訓練中に枝が跳ねて、それにびびってしまったふうちゃん。
なんと、脚側自体が恐くなってしまったらしく、何回やってもうまくいかない。

それどころが、随分と上手になってきた股くぐりも、ママさんの足がコワイ?らしく、全然くぐれなくなってしまった。

e0068836_15581487.jpgなんでやねん?って感じの反応なんだけど、これが小心者ふうちゃんなのだ。

先生には「ちょっとふうの方を過保護にし過ぎですよ」とか言われるし・・・・。

だって、ふうちゃんひ弱な男の子なの・・・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-11 16:25 | 服従訓練

ふうちゃんまで、大脱走

夜の自主練中。

ふうちゃんと招呼の練習中、「コイ」の声符と共にあさっての方向へ走って行ってしまった。

それが相当楽しかったのだろう、その後、なかなか呼んでも戻ってこなくて、ふうちゃんは夜の公園を一人で駆け回っていました。

最終的には飼い主の元へ戻ってきて、「ただいま~♪」と正面停座したので、よかったんだけど・・・・。

でも心ここにあらず、って感じだったので、ふうちゃんはそのまま木にくくりつけて置きました。

りんはともかく、ふうまで訓練中に脱走するなんて・・・。結構ショック。

e0068836_163353.jpgほかのことならともかく、こんな都会の公園なので、脱走は少し間違うと車道に飛び出てしまって大変なことになります。

で、この出来事を翌日先生に話したら、すぐに木にくくりつけるのでなく、「1つでも2つでもいいから、必ず服従させてから終わってください」と言われました。

ナルホド。。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-10 16:21 | 服従訓練

おやつを与える手

りんは脚側行進の時に、どうしても少し遅れてしまう。ぴったり横を歩いてくれないのだ。それで、いつも左手であげているおやつを、右手で与えることにしました。

これで、右手を少し意識するので、もう少し前を歩くようになるとのこと。この日はなかなかそううまくはいかなかったけど、繰り返すことで印象づけていこう。

e0068836_15585776.jpg一方のふうは、右手で与えていると、今度は前にかぶってくるのになるので、時折左手でも与えるようにとのこと。なんだか、右手や左手やとややこしいんだけど、これで少しはよくなるといいね。

りんは昨日から膀胱炎みたいな感じなので、訓練後に獣医さんへ行きました。たいしたことはないようです。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-08 16:15 | 服従訓練

チョークではげる

チョークチェーンを使い始めておよそ1か月。先生のご忠告どおり、首回りの毛がはげてきた。

「チャカチャカ使ってるからですよ~」と言われるんだけど・・・・。

e0068836_161516.jpgでも、これ以上はげるとやばいので、朝夕、どっちかの散歩はハーフチョークにすることにしました。

使い方、難しい・・・・・・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-03 16:11 | 服従訓練

脱走&トラウマ

今日はりんから訓練開始です。りんはボール遊びでテンションを上げてから脚側を開始すると、とてもいい感じですが、テンションが上がり過ぎたらしく、またドバ~っと脱走してしまいました。

前回の教訓から「追いかけない」でひたすら「呼び」に徹していると、気が変わったらしく、今度はまたドバ~っと公園の中に戻ってきました。

こんなことを繰り返されていたら、心臓が悪くなりそうです。先生も「もうちょっと大人になると、こういうのはなくなってくると思いますが・・・」と言いつつ、ちょっとびびっているようでした(^^;)。

さて、ふうちゃんの脚側中に、飼い主が落ちていた枝を踏んでしまったので、その枝が舞い上がってしまいました。それにびびったふうちゃん。以降、その場所を通れなくなってしまい、招呼しても、びよ~んとその場所を避けるように半円形を描いて来るし、脚側してもびよ~んと離れてしまうようになりました。

e0068836_161198.jpgふうちゃんはとっても繊細なようです。

今日はふうちゃん災難だったのに、先生から「今日は暗い」とか言われて散々。かわいそうだったので「ふうちゃんはいつもこんな感じで、根暗なんです」と返しておきました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-06-01 16:11 | 服従訓練