黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

草アジセミナー・2回目

風鈴の今日の目標は、とにかく自由に楽しく走ること。障害をクリアしたことを評価し、誉めていく。風鈴は、特にコースも決まっていなくて、好きな所を走っていいのだ。

さて、りんちゃんから。初っぱなに一度脱走したけど、以降オフリード(リードを放した状態)で走っても、脱走することなく、走るたびにいい感じになっていく。みんなにも「上手だね」って言われてなんだかうれいしりんチーム。

でもでも、ふうちゃん終わってるのよね・・・・・。やっぱり一人アジ状態になっちゃって、呼びも効かないし・・・。おもちゃを使ってもダメだし・・・・。なんかドッグランに来て、一人楽しく走ってるって感じ。

最後はハードル、トンネル、Aフレーム、ドッグウオークなど12障害を組みあせたコースだったけど、りんちゃん、ちゃんと出来るようになった。

練習終了後は、自由練習。初めてのタイヤにトライ。ふうにはアジの先輩、バービーさんが教えてくれて、すぐにクリアできるように。りんも怖がることなく、跳んでいた。e0068836_26351.jpg

できなかったことが、出来るようになると、とってもうれしいね。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-28 19:54 | アジリティー
ここに来て、りんの病気がやっと治ってきた。
ホッとしたいところだけど、今はもう一匹が「心の病」を発症中。

で、今日もチームテストの練習。
できるだけおやつを使わず、本番に近い形で練習をすすめていく。

「休止」の練習もした。チームテストは2チーム合同で受けるので、片方のチームが受験している間、もう一方のチームは、犬を休止させ、離れて待たなければいけない。

e0068836_114718.jpgふうが休止している間、先生がダミーで「コイ」とか「ツケ」とか大きな声で命令をかけて、誘惑をかけてくる。するとふうちゃん、先生の「ほら、コイ!」に反応して、立ち上がってしまった。

意外とあっさり罠にかかるふ~ちゃん。でも、本番、立ち上がらないでね!!。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-27 19:48 | 服従訓練

草アジセミナーに再挑戦

来月のOPDESの大会では、ぜひアジリティーにも挑戦したいので、再び草アジの門をたたくことにした。

3か月前よりかは、体も心も少しは成長したかなぁと思う。でも、不安はいっぱいだ。だって、この前は最初の20分で2匹とも嫌になってしまったし、コースを走らせるとコントロール不能。でも、思い切らないと何も始まらない。もし、風鈴がまた極度に練習を嫌がったら、アジを諦めることも考えて参加した。

セミナーには柴の先輩たちが通っているので、とっても心強い。参加すると結構たくさんのワンコが集まっていた。

風鈴たち初心者チームは、別にトンネルとハードルの簡単なコースを造ってもらって、そこで練習。りんは、いつもと違う雰囲気なのが幸いしたのか、とっても楽しそうに障害を越えている。途中、ハードルを跳ばしたりするけれど、脱走することもなく、言うことをちゃんと聞いて、やるたびにいい感じになっていく。

ところが、ちゃんとやると思っていたふうちゃん。ハードルをいくつか跳ぶと、プツっと集中が切れて、あっちにふら~、こっちにふら~っと脱走ばかり。練習を繰り返しても、ふら~、ふら~して、勝手にトンネルをくぐったりして遊んでいる。ただ、楽しそうにしているので、それには救われた。

後半は上手なチームと合流して、Aフレームやドッグウオークなどが入ったにコースを順番に走る練習。ふうもりんもリードを付けた状態で挑戦した。

e0068836_1244416.jpgりんは、ドックウオークなどを怖がることもなく、楽しそうにやっていた。一方ふうちゃんは、ドックウオークが恐くて登れない。そこでパパさんと二人がかりでお尻を持ち上げ、強引に登らせ、2人であやしながら、簡単なコースの練習。

しかし、トンネルから出てきたな~と思うと、またトンネルに戻ってみたり、勝手にハードルを跳んだり、ふうちゃんは一人アジ練状態になってしまう。その様子がおかしくて、結構みんなの笑いもとっていたんだけど、それじゃダメなのよ~。

こんなわけで久しぶりのアジ練、実質1回目が終わった。りんがいい感じだったし、2匹とも前回と違ってとても楽しそうだったので、続けて通うことにした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-20 19:34 | アジリティー
e0068836_1265463.jpgりんの「心の病」がほんの少し回復の兆しを見せている。
時間はかかっているけど、慌てず、様子を見ていこう。

と手放しで喜べないのがこのきょうだい。

今度はふうちゃん、前回の事件のせいで、訓練中の動きがまるで挙動不審。きょろきょろして不安いっぱいで歩くので、チョークでショックを入れながらやっていた。

集中力を持続させるために、頻繁に指示無し停座。ところが座らないので、ショックを入れると、生温かいものが、ママさんの足に。見ると、ふうちゃんママさんの足におしっこかけてるじゃないの~。

まったく、密かな抵抗ですね、ふうちゃん。

8月に入って、ずっと犬のリハビリやっているような感じ。
励ましてあやして動き回って貧血がおきそうだ。
こんなこともあるんだな~と思うと、またやる気が失せる今日このごろ。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-17 19:29 | 服従訓練
りんの病気は今だ平行線。
脚側で少し調子が戻ってきたかな~と思っても、招呼で具合が悪くなる。今は「立止」も「伏臥」も出来なくなっている。

そして、まだ問題発生。

訓練は一匹ずつやっているので、その間1匹を係留しているのだけど、この日、ふうちゃんをハードル機材にひっかけておいた。

動かないだろうな~と思ってひっかけていたら、ふうちゃん思い切り動いて、機材がすごい音を立てて崩れた。もちろん、小心者ふうちゃんはびっくりどころでなく、狂ったように逃亡を図ろうとした。

e0068836_12948.jpg偶然りんと脚側行進をしていたママさんの前をすり抜けようとしたので、反射的にリードをキャッチ。ふうを捕獲できたんだけど、今度はふうがおかしくなってしまった。

機材があった公園の真ん中には絶対に近寄れなくなってしまったのだ。

は~、君たち、おもしろいきょうだいですね。
あんまり笑えないんだけど・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-13 19:26 | 服従訓練

やる気がない

実はここ最近、全然自主練をしていない。
今までは毎日欠かさずやっていたのに、今は訓練の日+1日くらい。
それでも、まあそんなに崩れることなくやっているので、いいかなあくらいの感じ。

正直、半年やってきてマンネリ化して、飽きてきていた。
おまけに、風鈴の進歩もあるんだかないんだかよく分からなくなっていた。
一緒に練習している洋犬ちゃんたちの作業意欲に比べれば、遙かに風鈴の意欲は低く、進捗状況もなんだか全然違っていた。

比べたらダメっていうけど、お金もかかるし、やっぱり少しは比べちゃう。

その上、りんの病気だ。治る気配もない。。。ふうのオビも最近はもひとつだ。

アジリティもしたいのに、出張訓練だとハードル4つ並べてとばしてもらうのが限界。オビディエンスもなんか中途半端・・・・。

訓練には結構お金もかかっているし、もうやめよっかな~なんて思ったり。でも、ここまでやってやめるのもったいない。だって、今やめたら何も残らない。別に残すためにやっているわけじゃないけど、一度くらい競技会に出たい。それを目指してやってきたわけだし・・・。

なんて考えていたら、あんまりやる気が起きなくなってきた。

このことを思い切って先生に言ってみた。まあ、愚痴みたいなもんなんだけど。

風鈴その話をずっと聞いていたのかな。

その後、オビ練をやったら嘘みたいに集中して、調子が良かった。心が全部晴れるくらい、2匹とも調子がよかた。

e0068836_1175129.jpg帰ってからパパさんに言われた。「絶対話しを聞いていて、ちゃんとやらんと捨てられると思ったんじゃないの?」

なんか、笑えないコメントだった。
風鈴、頑張ってるのにごめんね。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-10 19:14 | 服従訓練

ハイジャンプの練習

今日は、オビ練をしないことになった。
オビ練が始まると、りんがおかしくなるからだ。

そこで、今日は先生が持ってきてくれたハードルでハイジャンプの練習。
風鈴、ハイジャンプはあんまり得意ではないんだけど、楽しそうにやっている。

少しずつハードルの高さを上げていき、50㌢くらいまで跳べたかな。

e0068836_1253397.jpg先生曰く、ふうとりんの飛び方が全く違うとのこと。
ふうちゃんは距離を出して跳ぶけど、りんは高さを出して跳ぶ飛び方だそう。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-08-03 19:12 | 服従訓練