黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー

<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

STEP1競技に初挑戦

出陳=りんちゃん。

e0068836_1118334.jpg◆STEP1
出場表を見てびっくり。そんなに多くないだろうと予想していたら、出陳全18匹。
犬種も年齢もさまざまだったが、レベルの幅も広く、上位入賞犬は驚くほど完璧な作業を見せていた。

りんの出場時間は午後3時くらい。そのためか、りんちゃん超ネムネムモード。
頑張ってテンションを上げようとしても、ぼ~っとしていて、かなり不安。

しかし、実際始まると、テンションが低いながらもトコトコ歩いて頑張っていた。
2番目の伏臥で、りんの前足が1㌢ほど浮いていたために減点。
ビギナー競技なので、細かい点の減点がなく、結局減点は伏臥のみ。
結果、97点(100点満点)だった。

順位的には2番目だったが、「伏臥」という基本的な部分で点数を落としているため、総合順位は5位となった。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-31 14:30 | 服従訓練
午前8時、一番のスタート。集中もあり、全体としてりんにしては上出来だった。

①休止=10点(10点中)

②脚側行進=14点(15点中)
一度地面の臭いをかいでしまって減点。指示なし停座もバッチリ。左反転ターンの後も、しっかり見上げてきているし、群衆内行進の間も何度も見上げてきた。

③据座=10点(10点中)

④伏臥、伏臥からの招呼=14,5点(15点中)
正面停座からツケの位置に行くときにぎこちなく、開いた状態でツイてしまった。

e0068836_112946100.jpg結果、48,5点(50点) でAセクション合格。

午後からのBセクションの合格を経て、りんちゃんチームテスト1に合格。
ちなみに筆記試験はふうの時に合格したので、免除された。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-31 13:43 | 訓練試験

OB1に初挑戦

OPDES秋が瀬大会、ふうのオビディエンス1(OB1)の反省会。
全体として、集中力に欠ける最悪の内容だった。
帰宅後、じっくりビデオを検証したら、思っていたよりはるかにひどかった。

e0068836_3224743.jpg◆申告
ペアとなるボステリちゃんにいきなりけんかを売られてふうちゃん応戦。しばし興奮おさまらず、すでに集中力吹っ飛ぶ。

◆休止
ふと横を見ると立っていた(唖然)。放っておこうかと思ったが、ウロウロしはじめたので遠隔で「伏臥」のコマンド。フセ直していたが、どうも落ち着きがない。


e0068836_3232413.jpg◆脚側行進
最初から、ちっとも指導手を見上げてこないどころか、注意散漫もいいところ。途中でびよ~んと放れかけたので、軽くショックを入れてしまう。指示なし停座は完璧だったが、その後、群衆に向かう途中で指導手から再びびよ~んと放れてしまう。

◆停座
「スワレ」の号令をかけて離れた瞬間、ボリボリと頭をかき始め、さらに人魚のようにくずしたスワレをた。いわゆるおね~ずわり(笑)。証拠写真を小春ボスがカメラに収めてくれていた。

e0068836_3245897.jpg◆伏臥
一声符で従ったものの、のそ~っと伏せてここでも減点。招呼はよかった。




e0068836_328915.jpg結果、45.5点。
アマチュアの部は出陳が3頭だったので、
ふうちゃんなぜか「1席」。
うれしかったけど、次回はもっといい作業して、入賞したいと思った。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-30 03:33 | 服従訓練

STEP1の練習

OPDESの秋が瀬大会まで1週間を切った。
今日はりんがこの大会で初めて挑戦するオビディエンスのビギナー競技「STEP1」を、本番に近い形で練習してみた。

同じコースを何度も練習すると、本番に緊張感がなくなるので、練習は今日を含めてあと1,2回。

まずは規定書をコピーして、サッカー用のコーンをグラウンドに並べてみる。
コースの全長45~50歩というのはチームテストと一緒で意外と長い。

さて、りんを連れ出してスタート位置に。
ところが公園のはじっこを歩いている犬が気になって「ツケ」と言ってもぼけら~としている。
一度解放してもう一度スタート位置に。

停座→伏臥→ターン、までは「う~ん」という所が多いんだけど、まあ目をつぶって、
問題はターンの後の「速歩」。
脚側の「常歩」でも遅れるりんが「速歩」になると、リードで引っ張って歩いている感じになってしまう。
おやつでぐっと前に引きつけても「りんはそんなに速く歩けないだり~ん♪」と文句を言う。。。

最後のスラロームも右回りの時に結構脚側から離れてしまう。
意外と難しい。。。

ついでにふうとやってみたら、ふうはちゃんとやっていた。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-25 00:54 | 服従訓練

チームテストの合格証

OPDESの社会化認定試験「チームテスト・レベル1」の合格証書が届いた。
結構立派なもんで、ひょ~しょ~じょ~みたいだ。

ところで驚いたのが同封されていたプリント。
合格時のレベルを保持するために、「チームテストの有効期限は合格日より1年間です」とあった。

e0068836_23492965.jpgなので、更新時にはまた実技試験があるらしい。
え~、そんなん聞いてないわ~って感じ。

11か月後にまたふうちゃんとお散歩テストとか受けないといけないんだ・・・。げっそり。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-21 23:42 | 服従訓練

脚側の遅れを直す練習

e0068836_14422471.jpg脚側行進のりんの遅れを直すための練習。

りんは脚側行進の時に指導手の後ろを歩く癖がついている。
テンションも低くて、歩く速度も結構遅い。
なので、それを直していく練習を重点的にする。

そのために、

1,おやつは絶対右手で与え続けていく
2,時々りんの前方でおやつを与える
3,行進中、おやつで釣りながらくるくる回転したりして、テンションを上げる。

ことになった。

しばらく練習。いい感じで前に出てくるな~と思ったら、あっという間に前にかぶってくるようになった(>_<)。
それでもいいので、しばらく続けて見ることに。

しかし、いつも左手で与えているので、ついつい癖で左手が出てしまう。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-20 14:25 | 服従訓練
競技会後初の訓練の日。
嬉しそうに「ふうちゃん3席、ピースピース」と先生に言ったら、
なんだか真面目な顔。

「ビデオも見ましたが、全然普段のふうの実力が発揮されてませんでしたね」
「え・・・・・・・・・・・・・。」

先生曰く、脚側の集中も全然ないし、普段のようなノリもないし、指示無し停座は位置がゆがみまくってるし、停座の集中も散漫でキョロキョロしまくり。
だそうです・・・・。

そう言われてみればそうなんだけど、自分にしては、ふうちゃんはまあこんなもんと思っていた。普段練習していると、意外と自分の姿や犬のことってよく分かってない。
りんは頑張ってるな~と思っていても、たまに見に来たパパさんに言わせるとヒドイらしいし・・。

で、競技会の時って「練習の50%の力が出せればいい」って言われてるらしいんだけど、ふうは50%も出せてなかったらしい。「いかに普段の力を本番で引き出してあげれるかがこれからの課題ですね」とのお言葉。

うれしような、なんだか全然犬のこと分かってなかったような。

しかし、難しい課題だ・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-19 14:13 | 服従訓練

訓練競技会へ初出陳

多摩川競艇場で行われた訓練競技会に参加した。

出陳は前日のブログに書いた「紐付きの部」に+して、ふうちゃんを「第2部初等科」にもエントリー。

e0068836_187670.jpgりんの第1部=10席(28匹中)
脚側行進は必ず遅れるので、ゆっくり歩いてみたけど、やっぱり遅れた。でも随分と指導手を見上げながら歩いていた。
据座、伏臥はOK。招呼は「やる気ないだり~ん♪」という感じでのそ~っと歩いて正面停座。遠隔の伏臥はまあまあ。

<講評>
脚側行進のスピードが遅すぎるし、指導手から遅れ気味。脚側の間中、指導手が「り~ん」と小さく声掛けしていたことがバレバレで、これも大きな減点となった。
今回は自由科目だから、この子には脚側を入れなかった方がよかった。選択ミス。と厳しいお言葉。さらに、りんの集中が頻繁に切れるため、コマンドの前に「りん、フセ」と言ってしまい、ダブルコマンドでこれも減点。ダブルコマンドはいけないと分かっていたが、りんの集中が向かなかったので、やむを得ずつかった。審査員の先生には、呼ばなくても集中が続くよう練習してください、といわれた。おっしゃる通りです。

りんちゃんの脚側行進ビデオ

e0068836_1873959.jpgふうの第1部=5席(28匹中)
脚側行進は集中がとてもよく、いい感じで前半を終えたが、左反転ターンで指導手が誘導をミス。ふうちゃんとぶつかって減点となった。
据座、伏臥、招呼、立止、いずれの科目の間も「じ~」っとママさんの顔をみつめ続け、ふうちゃんかわいかった(*^_^*)。

<講評>
脚側行進はとてもよかったのに、指導手のミスで減点。あれさえなければ完璧だったのにと言われてがっくり。また、立止の時に指導手の左手が少し動いたため、誘導と見なされこれも減点。また指導手のミス(笑)。最後に伏臥への動作がにぶい、もう少しきびきび動くようにとのこと。これは、ふうちゃんの持ち味なので、治すのに時間がかかりそうだ。

ふうちゃんの脚側行進ビデオ

ふうの第2部=3席入賞(18匹中)
脚側は1部ほどの集中はなく、さらに出陳が遅かったために、2度ほど地面の臭いかぎをしてしまった。左反転ターンは朝の失敗が気になって、結構ぎこちなかった。
据座の時、座り位置が少しゆがんでいたので、直してやればよかった。

e0068836_1882944.jpg<講評>
立止の時に手がぐーになっているとの指摘。さっきは動かすなと言われたので、ぐ~で動かさなかったと言ったら、右手がぱ~なら、左もぱ~にしないと誘導と見なされますとのこと。
なるほど。

第2部のビデオはわらわら日記2005年10月16日にup。

競技会に出て分かったこと。
e0068836_1893737.jpg1,出陳は早い方が集中力が高い(ような気がした)。午後からは待ちすぎて飼い主も犬もだれだれに。
2,左反転ターンが大きな課題。
動きのいいワンちゃんなら、指導手の方向と逆向きに回るとかっこいいが、風鈴は動作がのろいので、同じ方向に回った方がいいような感じがした。

これからの課題がたくさん見えていい勉強になった。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-16 17:25 | 服従訓練
明日は多摩川訓練士会の競技会。風鈴、訓練競技会はこれがデビュー戦。

出陳はアマチュア指導の部の第一部。りんちゃんはこれで充分。ふうはもう1つ上にしようか悩んだんだけど、無理せず同じクラスに申し込んだ。

科目は5科目の自由選択。全部選択だと何していいか分からず、かといってそんなにレパートリーがあるわけでもなく困った。

◆ふうちゃん
紐付き脚側行進・停座・伏臥・立止・停座からの招呼

◆りんちゃん
紐付き脚側行進・停座・伏臥・停座からの招呼・遠隔の伏臥

こんな感じで今日なんとなく決めてみた。練習も全然してないんだけど、夜の散歩でパパさんが「ちょっとくらいやっといた方がいいんじゃない」というので、小雨の中一回ずつ練習。

ふうちゃんは相変わらずいい感じだけど、「りんの脚側は散歩だね」ってまたパパさんに言われた。

りんちゃんはアトラクションを頑張るからいいのだ。

それにしても、またすごい雨が降ってきた。もう雨の中の競技会は嫌だ。
明日の会場は駐車場なので、全面コンクリート。りんちゃんは濡れたコンクリートには絶対座らないのだ・・・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-15 00:24 | 服従訓練
e0068836_1781334.jpg今日の訓練は驚いた。
ここ最近テンションがぐっとあがるので、レバームースを使って練習してたんだけど、ベロベロ舐めている間、集中力が一時とぎれるので先生から訓練中は他のおやつに変えるよう言われていた。

それで、今日はワンコ用の結構おいそうなソーセージを用意していった所、ふうちゃんが驚くような集中を見せた。最初はいつもと変わらずほとんど下を見ながら歩いてた脚側なんだけど、先生からのアドバイスで下を見ていたら止まる、向きを変えるなどのアクションを頻繁に起こしていると、しばらくしてふうちゃんずっと飼い主を見上げたまま脚側するようになった。

今まで何を持って脚側しても、見上げたままなんてことは一度もなかったのに、これには飼い主のみならず、先生もびっくり。何度か繰り返してみたんだけど、やっぱりずっとこちらを注視して歩いる。ふうちゃん、最近ぐっといい感じで伸びている。

ほかの科目(立止、停座、伏臥、招呼)も今日は完璧。それに昨日あたりから出来るようになった股くぐり歩きも見てもらったんだけど、これも練習通りできたし、足飛びもOK。練習中の行進中の停座もいい感じでできた。

あまりにもできがよく、ちょっと気持ち悪いので今日はここまでにしておきましょうということになった(笑)。こんなことは日頃ほとんどないもんで・・・。

e0068836_1792215.jpg風鈴って進歩も遅いし、出来も悪いんだけど、地道にやってると少しずつよくなってくるんだなあとちょっと感動。時々こういうのがあるから訓練もやめられないんだなぁ。

あっ、またりんちゃんが登場しなかった・・・・・・・・・・・。
[PR]
by shinobu8chobi | 2005-10-13 01:22 | 服従訓練