黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「ダウン」もノソノソ

 伏臥へのよい印象を喜んでいたのもつかの間、「ダウン」のコマンドに対する緊張感が解けてきたのか、最初のスピード感も練習とともに落ちはじめ、以前とさほど変わらないスピードにまで戻ってしまった(笑、でも以前よりは若干まし!)

やっぱり安易だったのか。ただ、自分自身の使用コマンドとしては使いやすいので、コマンドは変えたまま、練習を続けることに。

e0068836_16241883.jpg

いったいどうやったらふうの伏臥の、のそのそもぞもぞは治るんだろう。。。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-10-30 02:26 | 服従訓練
 問題はふうちゃんのAフレームだった。りんは手でうまく誘導してやると、ほとんど跳ぶ事を防げるが、ふうは跳ぶことが「ステキ~♪」と思っているらしい。

e0068836_173959.jpg柴の体型上に加え、体がとても硬いふうちんは、タッチゾーンの下できれいに止まる、ということは不可能。先生にも「ふうは下では止まれないから、とりあえず上で少しでも止めるように」とアドバイスをもらう。
さらに「マテ」だのなんだのと色々プレッシャーを与え始めると、テンションが落ちるのが目に見えているからそこそこに、とのこと。

最初はおやつを手に持って、誘導する。ふうちん無視。というか見えてない?

次はよくある練習方法で食器におやつを入れてやってみても、ふうちん無視。というか見えてない??

食器を大きくするとようやく気づいたらしく、タッチを跳んでから食べにきたー。
それじゃ、意味がない・・・・。

とにかく、頑張って止めるしかないみたい。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-10-16 00:18 | アジリティー

タッチを止める DW編

風鈴はこれまで登り物について、タッチゾーンで止める、という練習をしてこなかった。

ただでさえ、DWを拒否したり、テンションがすぐに下がってしまうたちの犬を、いちいち止めていたら、アジリティー全体のテンションが下がるということで、先生からも風鈴は止めない方がいいといわれていた。

ところが気がつくと、ふうちんもりんりんもしっかりとタッチを跳ぶ犬になっていた(涙)。

ということで、今さらながら、DWのタッチで止める練習。
コマンドは「タッチ」。降り口に入ると「ゆっくりゆっくり~」と声を掛け、最後は「タッチ」で止めて、おやつ。
e0068836_017112.jpg

これ、意外に2匹ともあっさりコマンドとおやつで止まれるようになりました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-10-15 00:09 | アジリティー

「フセ」→「ダウン」へ

新しいコマンドにはとにかく良い印象をつけるのが目的だった。

そのため、遊びながら「ダウン」のコマンドをかけて、できたら誉めじゃくって、おやつを食べ放題。

横についた状態からの伏臥もほどなく「ダウン」のコマンドでできるようになった。

予想通り、「フセ」よりも印象がよいのか、スピードも若干速い。個人的にも少し言いやすくなって変えてよかったと思った。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-10-13 02:21 | 服従訓練
「ふせ」。

どうしても、いくら練習しても苦手な科目。

犬種のせいもあるのか、2匹とも小さい頃から全然やりたがらなくて、相当強制を入れられた科目だ。きっと印象も悪いんだろうなぁ。

「ふせ」というコマンドは、私にとって今いち力が入りきらないというか、「ふせ」のイメージを一新したいというか、そんなことをずっと考えて、昔一度訓練士さんに「ふせ」のコマンドを変えてみたいって言ったら「そんなことない。このこたちはふせで伏せることを十分理解している」って言われたような。それにできないからってコマンドを変えるのは安易だとも言われたような。

でも、本当に風鈴って「ふせ」が苦手で、なんとかならないかとずっと考えていて、ダメならダメでいいから一度変えてみようとようやく決心がついたのが10月。

最初は特に苦手なふうで実験してみることにした。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-10-10 12:40 | 服従訓練

行進中の立止

行進中の作業は、いまだ不安定な2匹。だけど、そろそろOB3を見据えて新しい科目を、ということで「行進中の立止」も練習にくわえていく。

訓練士さんに「立止もできるし、じゃあやってみてください」といわれて「え??。いやーそれはちょっと無理です」といいつつも、とりあえずやってみる。

予想通り、「たって」のコマンドをかけると、①座ってしまう ②だらだらとついてくる、のどちらか。

そこで、自分なりに考え、「立って」のコマンドど同時に胴体を軽く抱え込むようにして止めてみると、意外とすんなり止まった。
e0068836_23261338.jpg

これで止まることを教えて、じょじょに手を掛けないように練習してみた。

まだまだ不安定だが、りんは素直に止まれるようになった。行進中の作業の中では一番早く覚えたかも(笑)。
[PR]
by shinobu8chobi | 2006-10-08 23:29 | 服従訓練