黒柴の双子、ふうとりんが服従訓練やアジリティに挑戦していく様子を紹介します


by shinobu8chobi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

形になりつつ

e0068836_10552314.jpg 結局雨続きで、8月29日が2年半お世話になった訓練士の先生に定期的に見てもらう最後の日となった。

 一通り服従を見てもらった後に最後は前進。 少し前からターゲットにご褒美はおかず、ターゲットはあくまでターゲットとして認識するようにさせている。

 それでもりんはターゲットが射程圏内に入ると、走りにターボがかって、絶対に止められないので、「ターボがかかる前に止めてください」と言われる。

 「前へー!」のコマンドで今日も勢いよく走るりんちゃん。いつも思うんだけど、りんにとってはアジリティーや服従練習の中では「前進」は別格らしく、完全にゲーム感覚で楽しんでいる。

 先生の読みはだいたい当たるので、ターボがかかる前に止めると、止まる!。けど2本目からはひたすらに駆け引きが始まる。これが自分一人では全くできないので、前進の練習はやっぱり先生が見てくれるときだけにしている。自主練はやらないというか、できない(涙)。そんな感じでりんはぐでんぐでんのまま、終了した(笑)。

 ふうはこの日、最初からリードをはずし、OB4度の科目通りにやることになった。服従、物品持来、そして前進。ターゲットは置いているが、果たして・・・・。脚側行進で5メートルほど進んだ後、訓練士さんの合図で前進の命令。ふうがいいテンションで走り始める。ターゲット5メートルくらい手前に来たときに「止めて」と言われ、「ダウン!」のコマンド。ふうちゃん、くるっと振り返って、ちょっとのろいけど見事に伏せた!!。やった~~~。ばんざ~い。訓練士さんからも「お見事!」のお言葉。気持ちええーー。とこの日の練習はこれで終わり。

 とは言っても、成功するのは最初の1本で、これを2回3回と続けて練習すると、やっぱり全然うまくいかなくなる。道のりは長いけど、また機会があったら教えてもらおうっと。先生、今までどうもありがとうございました。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-08-29 06:28 | 前進

りんも持来だりん⑤

 りんのここの所の目標は、引越しするまでに持来を形にさせること。訓練士さんに見てもらえるのもあと2回ほど。りんは練習しない割には素直に覚えてくれるので思ったより順調に進んでいるような気がする。

 この日はりんちゃんの持来を科目どおりに見てもらう。脚側の位置につけて「待て」をかけ、ダンベルを投げる。「持って」というと、りんちゃんは「り~ん♪」と楽しそうにとりにいき、よいしょとくわえて、「戻ってきただり~ん」とちょっと離れたところで正面停座。もうちょっと前に来るよう指示して、「出せ」の合図。最後は横につけて、終了~。

 訓練士さんからは、「よく一人でここまで教えました」とお褒めの言葉。ふふふ~。

 りんちゃんもなんとか持来ができるようになった。性格的に強制は絶対入れれない、物欲もない、レトリーブもしない犬なので、できないかな~と思ってたんだけど、意外とすんなりいった。しかも、強制を入れてないので、強制を入れられたふうより取りに行くスピードや戻りも全然速いし、噛み直しもなく、生き生きとやるので全然いい感じ(笑)。2匹一緒のレベルになってよかった。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-08-20 13:17 | 強制持来

りんも持来だりん④

 地面に置いたダンベルをとるのはやっぱり難しい。ふうもこれには苦労していた。

 ほんの少し高さを出してやると「とれる」のだから、りんの場合は「持って」のコマンドの意味をまだきちんと理解していないようだ。強制を入れないので、りんが「持った」時にいっぱい誉めてりんちゃんを天才よばわりする。

 しばらくすると、地面に置いたダンベルも持てるようになった。

 呼ぶと正面停座の位置までなんとか持ってくる。りんちゃんのかわいいところは1メートルくらい離れたところでちょこんと正面停座する。それでも訓練士さんに「誉めて~」と言われるので、誉める。ちょっと遠いけど(笑)。

 形になるまでもう少し。強制を入れてない分、りんちゃんはとても楽しそうだ。
 
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-08-12 13:09 | 強制持来

りんも持来だりん③

 特にりんの持来は毎日やっているわけでもなく、気が向いたときだけ。1週間に1度くらいかな。それでも不思議と少しずつ進歩している。

 ふうの姿が見えないところで、「今はりんちゃんだけよ」という状況にしてやると、意欲が増すらしい。そんなわけで、りんちゃんは何度目かの練習でダンベルを咥えたまま、正面停座ができるようになった。

e0068836_22412475.jpg ふうだと、咥えている状況でダンベルをぺちぺちたたいたり、引っ張ったりして「出せ」の命令がかかるまでは何があっても絶対放さないよう練習させてるんだけど、りんちゃんの場合は持ってるダンベルをたたくなんて、そんなの怖くて絶対できない。と、なんだか腫れ物を触るように教えているんだけど・・・。

 訓練士さんに練習の最後、時々おまけでりんの持来を見せているんだけど、「おお~っ」と言いながら笑ってくれる(笑)。
 だけど、ここまできた。次のステップは下方または地面に置いたダンベルを持てるようになること。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-08-04 15:24 | 強制持来
 ふうの持来はすぐに甘くなる。最近も「持って」の命令でぼけら~っと横に座ったまま。なんとか取りに行ったものの、においをかいで、「やめた」とダンベルの持来を拒否。さらには正面停座でダンベルをぽいっと落とす。という散々な持来に。。。

e0068836_22543485.jpg 持来ができるようになってからこういう状態になるのはこれで2回目。定期的に渇を入れないといけないようだ。

 もう一度最初の基本に戻って練習する。ちょっとの噛みなおしも見逃さないで、ふうにプレッシャーを与え続ける。でもこれが私には難しい。そのタイミング、ショックの入れ方、これが未だにうまくいかないのだ。。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-08-03 01:55 | 強制持来

駆け引き

 服従を訓練士さんに見てもらうのは一ヶ月ぶり。その上札幌のおうちの近くには残念ながら歩いていける公園やトレーニングできるような場所はなく、ほとんど自主トレできぬままの訓練日となった。

 前進の練習が始まると、りんちゃんは目の色が変わり、ターゲットまで全力で走っていっては食い逃げ、また食い逃げの繰り返しが続いている。一度訓練士さんに「りんはもう前進の練習はいいです」って言ったんだけど、さすがは訓練士さん。訓練が終わるまでにはなんとかりんを1、2度止めて帰ってくれる(笑)。

e0068836_2244030.jpg 今回も前回と同様、特に前進の命令をかけずに、なんとなくりんをターゲットの方向へ誘導し、りんがターゲットへ向かい始めたら、伏臥の命令をかける、という練習方法をとった。すぐに伏せない場合は強制を入れる。これを2度ほどすると、3度目は止まるようになる。

 が、しかし、4度目はまた食い逃げをはじめ、再び最初の練習に戻る。りんはかなり悪賢いし、基本的に服従がちゃんと入ってないので、まるで狐と狸の化かしあいみたいな感じになっている。ただいくら途中で止めても、色々いじっても、最後まで全力で走るりんちゃんのファイト?には関心する。

 ふうはかなりいい感じで止まれるようになってきた。練習最初の一本目は、いつもなんとなく形になった前進を見せてくれる。しかし、2回目から色々いじったりし始めると、伏臥の命令がかかる前から振り返ったり、先読みして勝手な行動をとってしまったりする。またターゲットが射程圏内に入ると、止めることができないのも目下の悩み。その場合はふうの名前をきつく呼んでハットさせることになった。

 さらに、一発で止まらなかった場合、ふうは動揺しながらこちらへフラフラと戻ってきてしまう癖もあり、その場合はきつくプレッシャーをかけていくことに。

 いずれにせよ、まだまだ先がなが~いといった感じ。教えてもらえるのもあと少しだから、吸収できるものは頑張って吸収しよう。
[PR]
by shinobu8chobi | 2007-08-01 01:40 | 前進